業務改革コンサルテーション

本ソリューションでは、組織の使命(ミッション)に基づいて現状業務を見直し、ミッションへの貢献度をみて業務のスクラップ&ビルドを行う「ミッションアプローチ」の業務改革を推進します。また、業務を変えるだけでなく、その背景にあるパラダイム(組織文化)を合わせた変革のお手伝いをいたします。

よくお伺いする課題、お悩み

 

  1. 新規事業を始めていきたいのに、働き方改革で時間が捻出できない。人員を増やさずに将来の業績拡大へ向けて取り組む方法を模索している。
  2. ノー残業デーや、消灯による強制退館等さまざまな施策を導入しているが、本質的な問題解決になっていないような気がする。
  3. 昔からの仕事のやり方が今でも引き継がれ、長時間労働が常態化してしまっている状況にテコ入れをしたい。

基本コンセプト

 

BConが考える「業務改善」と「業務改革」

 

BConでは、「業務改善」と「業務改革」をそれぞれ定義しています。

 

業務改善は、既存の業務が価値あるものという前提で、主にその手段や手順の見直しを行います。そのステップは、既存業務の可視化⇒分析⇒改善です。初めての取り組みとして業務改善を導入すれば、大きな効率化が望めます。また、それに伴う組織構造・文化・人員シフトは小規模なものが多いです。

 

一方業務改革は、既存業務について、その提供価値を根本から問い直し、部門のミッションに対する貢献度をみながらスクラップ&ビルドします。業務改革は、組織内業務の大きな効率化が期待でき、必然的に大きな組織構造変革・組織文化変革・人員シフトを伴います。

 

 

 

 

業務改革の観点

 

経営効率は、分子と分母で表現することができます。分子は経営のアウトプット・成果で一般に売上・付加価値あるいは顧客と社員の満足度などです。分母はインプット・投入資源で人・物・金・時間などをいいます。

 

分子の拡大とは主に環境変化に対応し、戦略的に売上や付加価値をどう上げていくか、そこへ向かって新しい業務を開発・遂行していくということであり、分母の縮小とはそこに投入する内部資源(人員や時間)をいかに少なくするかというコストダウンによって実現できます。

 

 

 

業務改革の進め方

 

どんな成果・結果を出すことが目的なのかという「ミッション(使命)」を明確にしてそのミッションに基づいて業務を見直し、スクラップ&ビルドを進める「ミッションアプローチ」を採用しています。

 

ミッションはそれぞれの階層・立場ごとに明確にしなければなりません。すなわち全社ミッション・事業ミッション・部門ミッション・職場ミッション・業務ミッションというふうに、各階層でミッションを明確にし、かつそれぞれのミッションがお互いに連鎖し整合性がとれていなければなりません。

 

 

特長

BConによる業務改革コンサルテーションは、下記の特徴があります。

1
プロセスコンサルテーション分野のプロ集団によって、変革への心理的抵抗を乗り越えるための行動科学の理論と手法の提供が可能
2
「残業削減」や「業務改革」単一の取り組みとして終わるのではなく、組織文化変革も視野に入れたプログラム設計と取り組みが可能
3
変革能力を推進するため、豊富な教育プログラムと合わせたサポートが可能(組織診断、eラーニング、社員研修、コンサルタントによる現地調査、インタビュー、資格講座、風土変革のための公開講座など)
4
どこからやる、どのくらいやる、が自由にカスタマイズ可能

アウトプット例

 

  1. 各部門の業務再設計と戦略計画への取り込み
  2. 全社、事業部門の戦略遂行のための各部門のミッション明確化
  3. 各部門における今後の取り組み業務(強化するもの・新規でやるもの)設定
  4. これまでの既存業務における、「ミッションへの貢献度」基準での廃止業務と削減業務設定
  5. 上記の取り組みを通じて創出した戦力(=人員)の全社戦略部門へのシフト

展開ステップ

 

関連ソリューション

効率化が難しい管理・間接部門の業務プロセスを改革・改善するスペシャリストを育成します:社団法人 全日本能率連盟の認定資格

経営革新のためのマネジメントセミナー。自社や自組織で活用できる最先端の「生きた知識・事例」を体系立ててご紹介いたします

経営や事業の前提となる「MDCVS(M:ミッション、D:ドメイン、C:コアバリュー、V:ビジョン、S:ストラテジー)」を検討し、実効性を高めます

Norton/Pマーク
ページの上部へ