ビジネス・プロセス革新エンジニア資格取得支援講座(BPIE)

  • 業務改善
  • 資格/PDU取得

非効率な作業がないか、何だかウチの会社は全体的に仕事の効率が悪い――ぼんやりとそう思ってはいたとしても、実際問題として何から始めれば、どこをどうすればいいのか分からないものです。
このBPIEでは、業務を可視化するための知識とスキルがゼロから身につきます。管理間接業務の業務効率化だけでなく、システム化前の業務効率化~要件定義、IT企業の業務システム開発といった、専門性がより高いジャンルでも対応できるような、業務プロセスの改革・改善を手がけるスペシャリストを育成する講座です。
※BPIEは公益社団法人 全日本能率連盟から資格支援講座として認定されています。
※本講座を受講することでPMP資格更新に必要なポイント、26.5PDUを取得できます。

対象者

  • 監督職層/リーダー層
  • 中堅層

概要

講座名 ビジネス・プロセス革新エンジニア資格取得支援講座(BPIE)

期間

4日通い
時間

1~3日目 9:00~17:00 | 4日目 9:00~14:30(試験15:00~18:00)  *講座終了後の認定試験の受験は任意です

参加費用

¥148,000-
★ 上記金額には教材費・食事代・受験料を含みます
★ 表示価格は税抜価格です
★ 表示価格はいずれも受験料(¥20,000-)を含んでいます
★ 資格試験の受験を希望されない場合は担当営業までご連絡ください

パンフレット 2020年度

ねらい

  1. 業務を可視化するスキルを習得します
  2. 可視化された業務を分析・改善・改革するための知識とスキルを習得します

以上を通じて業務改善・改革を推進するスペシャリストを養成します

プログラム概要

受講をお勧めする方

  • 業務改革改善プロジェクトの推進者
  • 業務品質、業務効率の向上を担当する方
  • IT企業で業務システム開発の上流工程(要件定義段階)を担当する方
  • BPOにおいて業務の可視化や改善に取り組む必要性のある方

特長

ビジネス・プロセス革新エンジニアとは「業務プロセスの改革・改善を推進するスペシャリスト」を表します。

本講座は、公益法人 全日本能率連盟から資格取得支援講座として認定されています。

以下のような課題をお持ちの場合にご活用ください。

  • 業務プロセスが非効果的・非効率的で改革改善を行いたい
  • 合併や提携などにより、業務プロセスの再構築を行いたい
  • IT化の成果を高めるため、業務改革担当者の養成が必要である
  • 管理間接業務のシステム化を推進したい
  • シェアードサービス業務で顧客から改革と改善提案を求められている

BPIE 資格要綱

  • 資格認定機関:公益社団法人 全日本能率連盟(全能連) ※社団法人 全日本能率連盟は2013年4月1日より公益社団法人へ移行しました
  • 共同開発機関:株式会社 日本能率協会コンサルティング
  • 検定実施機関:一般社団法人 日本経営管理協会
  • 検定試験  :知識試験(60 分)スキル試験(90 分)
  • 資格取得後有効期間:3 年間 ※ 3年後1回の更新手続きにより生涯資格となります

開催スケジュール・お申し込み

お申し込みになる開催日程にチェックを入れ、下部の「お申し込み」ボタンを押してください。
※同時に4日程までお申し込みが可能です。

満席の場合はウェイティングとして仮申し込みを承ります。
 状況等詳細は、公開講座担当(直通 03-3287-3413)までお問い合わせ下さい。

開催地

開催場所:東京

〒100-0005
千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー18F
弊社本社内 東京セミナールーム
TEL : 03-3287-3421

アクセス方法

JR線ご利用の場合
「東京駅」八重洲北口より日本橋口方面に徒歩2分
※新幹線ご利用の場合は、新幹線「日本橋改札口」より徒歩1分
地下鉄ご利用の場合
東京メトロ東西線「大手町駅」(B7出口直結)徒歩1分
羽田空港からお越しの場合
東京モノレールご利用「浜松町駅」乗換または京浜急行空港線ご利用「品川駅」乗換
JR山手線・京浜東北線「東京駅」八重洲北口より日本橋口方面に徒歩2分

大阪セミナールーム

【所在地】

〒541-0041 大阪市中央区北浜3-1-22
あいおいニッセイ同和損保淀屋橋ビル5F
TEL:06-6201-0551 (弊社大阪営業所)

アクセス方法

JR新大阪駅   →地下鉄御堂筋線(4駅)→『淀屋橋駅』
JR大阪(梅田)駅→地下鉄御堂筋線(1駅)→『淀屋橋駅』
『淀屋橋駅』(地下鉄御堂筋線・京阪電鉄)

1番出口よりすぐ
オフィスビル1F『CAFFE VELOCE』