BConのMission・DNA

BConの使命

Mission(使命)

「卓越した人材」の育成、「競争力あふれる健康な組織」づくりに対するベストソリューションを提供し、"働く喜び""生きる幸せ"を実感できる組織づくりに貢献します。

人間が一人では生きていけないように、組織も人と人との関係の中で成り立っています。人の心を育て、人とのつながり・思いやり・協働・信頼といった心のつながりである“社会関係資本”の豊かな組織づくりを根幹とし、弊社は「健康な組織」と「卓越した人材」の創出を通じて、お客様の良きパートナーでありたいと願っております。(代表挨拶より一部抜粋)

BConのDNA

「組織の基本構想」

「組織の基本構想」は、BConのDNAが書かれています。
1976(昭和51)年9月に吉田輝生(当時社長)が初めて執筆したもので、その後1979(昭和54)年4月、1993(平成5)年3月に改訂が加えられていますが、BConグループ社員一人ひとりの胸に刻み込まれるコアバリューとしてだけではなく、お取引先の多くの経営者や社員の方々にも支持をいただいてます。大きな構成は以下の通りです。

Mission(使命)
我々の組織は健全な株式会社である。全ての活動領域で継続性、外延性、好感度を大事にし、そして悪をなさず利益をあげて永続することを目標にしていこう。(他8項目)
Mission(使命)
ビーコングループでは人間はコストではない、キャピタルだ。全社員知的レベルでも感情レベルでも。
また能力面でも経済力の面でも、絶えず成長し続ける組織にしなければならない。(他8項目)
Mission(使命)
組織は仕事を早く上手くやるための手段である(FORM Follows FUNCTION)。たえず変化していく状況の中で機能し易い構造にし、今の構造では機能しにくくなったら朝令暮改も結構だと割り切って、早く機能し易い構造に改変せよ。現代は変化することが常態なのだ。(他8項目)
Mission(使命)
変わらないものは何か 変えてはならないものは何か 変えなければならないものは何か。
組織の問題は常にこの三点を念頭に考えよ。何でもかんでも変えれば良いというものではないが、今はどんな組織でもCHANGEのNEEDSは常にある。(他8項目)
Mission(使命)
コミュニケーションには論理レベル、感情レベル、行動レベルといったいろんな面がある。
全部を考えたら発信者=受信者、受信者=発信者になる。
コミュニケーションの問題を発信者だけのせいにも、受信者だけのせいにもするな。(他9項目)
Mission(使命)
マネジメントに過度の理想やロマンがあってはならない。ただ働く大衆の理想を窒息させないことが大切だ。
同時にまた働く者たちに、より良い理想があることを啓蒙するのもマネジメントの重要な責務である。(他8項目)
50周年の節目となる2013年度策定したロゴマークには基本構想により受け継がれているBConのDNAの想いを込めています。

亀と地球をモチーフとしたBConのコーポレートシンボルマークです。
「亀は小さくても永生きする。贅肉がつかない」ということから、全員が勤勉に働き、永続する組織を目指すという弊社の価値観を示しています。
甲羅で表現される「地球」はグローバルに活躍する「卓越した人材」と「競争力あふれる健康な組織」づくりをお手伝いするという弊社の使命を示しています。

ビジネスコンサルタント(BCon)とは

BConが大切にする「5つの経営資本」の考え方はこちら

company
Norton/Pマーク
ページの上部へ