沿革:組織開発・人材開発のBCon

戦前は、日本の産業界に「コンサルタント」は存在していませんでした。
戦後、国内の米軍基地において、そこで働く日本人向けのトレーニングが導入されました。 
これが日本のマネジメント教育の始まりであり、株式会社ビジネスコンサルタントの歴史の始まりです。
私たちは道しるべや灯台を意味する英語のBeaconの意を込めて「BCon」と称し、お客さまと共に「永生きする組織」を目指し、歩んでまいりました。

組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)沿革〜誕生と発展〜

  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)のはじまり
  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)の挑戦
  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)の成長
  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)の再編
  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)の飛躍
  • 組織開発企業:ビジネスコンサルタント(BCon)の研究開発の歴史

BConのはじまり〜米軍基地で産声を上げたマネジメント教育の原点〜

BConのはじまり
BConの原点は、戦後の復興の道のりを歩んでいた時代に遡ります。
戦後に始まったマネジメント教育は企業・官庁に展開され、これが企業内研修の基礎となります。定型の企業内研修に疑問を持った創業者たちの「日本のマネジメント教育に変革を起こそう」という志から、東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年、株式会社ビジネスコンサルタントの歴史が始まりました。
企業内研修の在り方を模索しながら、海外の著名な学者の協力で、日本で先駆けて公開講座や組織開発のノウハウを導入していきました。
1964年 2月

株式会社ビジネスコンサルタント設立 (東銀座) 2月24日

4月〜

札幌を皮切りに九州、大阪など日本全国に支社を展開

1969年 2月

本社 八重洲三井ビルに移転

10月

第1回 Executive Development Laboratory(現ELP)開催
※変革期の経営幹部に求められるリーダーシップ能力の開発を目的としたセミナー
※JICE(立教大学キリスト教教育研究所:柳原光先生)の紹介でサイ・ミル博士との親交がスタート

1970年 1月

株式会社ビーコンシステム(現 株式会社リンクレア)設立

7月

第1回Organization Development Laboratory(現ODL)開催:ロバート・エーリング氏招聘
※組織・集団内の対立・葛藤を効果的に処理し、協働関係を築き上げるスキル・考え方の習得を目的としたセミナー

1971年 5月

第1回Advanced Management Seminar(現LEMS) 名古屋にて開催 ※自社・自組織で活用できる最先端の『生きた知識・事例』を提供する経営革新のためのマネジメント体系セミナー

第1回Simulation for Management Training(現BDP)開催

※経営シミュレーションを通じて、経営に必要な知識・スキルの習得と経営の意思決定をリアルに体験することを目的としたセミナー

1972年 4月

第1回Management Development Program(現MDP)開催
※経営管理上の諸問題を討議する(ケースメソッド方式)でマネジメント仮説(メンタルモデル)の検証と問題解決能力の開発を目的としたセミナー

5月

第1回Organization Development Conference(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士を初めて招聘
※各テーマにおける第一人者により、最先端のOD(組織開発)スキルに関する情報提供を目的としたセミナー

BConの挑戦〜組織開発で革新をもたらした挑戦期〜

BConの挑戦
時は高度成長期。当時世界のトップであった欧米諸国に追い付け追い越せを旗印に、誰もががむしゃらに働いていた時代でした。
集団へのアプローチに留まらず組織全体への様々なアプローチを実践していくことで、W.ウォーナー・バーク博士よりもたらされた「組織開発」を博士と一緒に本格展開していきました。当時の弊社社長吉田輝生の執筆した「組織の基本構想」は、弊社の価値観として今でもBConの社員一人ひとりの中に息づいています。
1976年 8月

株式会社ソフトウェア・エージー・オブ・ファーイースト(現 株式会社ユニリタ)設立

9月

「組織の基本構想」発表 吉田輝生(当時社長)執筆

1978年 1月

LIFO(Life Orientations)診断 提供開始
※効果的な人間関係づくりに役立つ自己の対人関係上の行動特性・強みの理解を目的とした診断

1981年 6月

第1回Salesperson Power Up Training(現 SPUT)開催
※セールス実践活動の基本的流れを体得し、セールス交渉力のアップとセールスマインドの強化をはかることを目的としたセミナー

1982年 5月

スリービー株式会社(現 株式会社ユニリタ)設立

BConの成長〜戦略系が流行る中、組織開発と共に成長期へ〜

BConの成長
高度経済成長期を終えて、バブル期と呼ばれた史上空前の好景気に湧いた日本。成熟期を迎えた産業界には外資の戦略系コンサルタントが参入してきました。
企業成長のために組織改編や戦略策定、人事制度やシステムなどのハード面の整備を進めつつ、BConは組織文化や人間関係など目に見えないソフト部分へのアプローチも重視し、行動科学のテクノロジーや様々な組織開発アプローチを用いてお客さま組織の変革のお手伝いをしました。
当時のコンサルタント会社では珍しく、営業部門を置いて、先生業ではなく、お客さまと同じ立場を経験した組織人がコンサルタントを行うというビジネスモデルを確立しました。
1987年 1月

ヒューマン・エレメント 提供開始
※人間の持つ論理・感情・身体全体としての関係性を統合し、気持ち・感情・自己概念が行動に影響を与える要素を分析しまとめたもので、深く自己理解、自己洞察できるプログラム

12月

図書「組織開発教科書」  (著)ウォーナー・バーク博士 プレジデント社翻訳出版

1988年 5月

第1回The Human Element(現HEP)開催
※効果的な対人関係をつくり、成功を収めるための重要なポイントを学習し、深い人間理解をはかることを目的としたヒューマン・エレメントセミナー

1989年 12月

第1回Practical Management Training(現BMP)開催
※新任管理者を対象としたマネジメントの基本の理解と部下育成スキルの習得を目的としたセミナー

1990年 10月

デボノ式創造性開発プログラム導入(ダイヤモンド社)
※「水平思考」の提唱者であるエドワード・デ・ボノ博士が開発した思考法を活用したプログラム

1991年 6月

図書「生きがいの探求」 (著)ウィル・シュッツ博士 ダイヤモンド社翻訳出版

BConの再編〜急速に変化する時代に対応した組織の再編〜

BConの再編
バブルが終焉を迎え経済が低迷する中、急速にIT化やグローバル化が進む中で、産業界は大きな変革期を迎えます。
BConもその大きな変化に対応すべく、ライセンス事業やeラーニング事業などの新たな取り組みへの挑戦と、海外進出などを行いました。
この頃に始まったサービスは、多くのお客さま組織の多様な課題解決のためのノウハウとして活用され、現在も多くのお客さまにご利用いただいています。
1995年 4月

第1回 Innovation Thinking Seminar(現ITS:Innovation Thinking System)開催
※革新思考(メンタルモデル・固定概念を破る発散と収束の7つのテクニック)の習得を目的としたセミナー

1998年 2月

本社 住友生命八重洲ビルに移転

1999年 6月

BCon Korea.Inc設立(韓国・ソウル)

7月

第1回新任取締役セミナー開催
※新任取締役に求められる役割や機能を複数の講師陣から情報提供するセミナー

8月

経営倫理実践センター(BERC)入会

9月

コンピテンシーモデル研究開始

2001年 4月

公益社団法人 全日本能率連盟加盟。資格取得講座の開催開始

11月

ライセンス事業開始(LIFO、HEP、ITS)

2003年 1月

全日本能率連盟認定資格 ITPS開始
※IT営業担当者のソリューション提案スキルの習得を目的としたセミナー

8月

全日本能率連盟認定資格 BPIE開始
※効率的な業務プロセスを実現するためのスキル習得を目的としたセミナー

11月

一般社団法人 日本経済団体連合会加盟

2005年 4月

会員制サービス事業 HMS(現 BCon Prime Club)開始

組織健康度診断 提供開始
※組織運営上の効果的な面と非効果的な面を定期的に把握するアンケート診断

Business Consultants.Inc設立(中国・上海)

8月

ラディカル・コラボレーション 提供開始
※他者(関係者)との効果的な協働関係を築き、生産性を上げるためのスキル啓発を目的としたプログラム

2006年 4月

Cross Knowledge社との提携により eラーニング提供開始

2007年 3月

本社 サピアタワー(丸の内)へ移転

2009年 2月

米国Chart House Learning社との提携により 職場活性化ツール「FISH!」プログラム 提供開始

BConの飛躍〜組織開発を成熟させ、新たなステージへ〜

BConの飛躍
リーマンショックや震災が日本に暗い影を落とす中、BConはお客さま組織の復興・飛躍のために、50年培ってきた組織開発と人材開発のノウハウを成熟させ、新たなステージへと進化させています。
BConの強みである人間理解や集団理解に立脚し、人間社会の中で培われるつながりや信頼、喜びといった「社会関係資本」を強めるための組織づくりや、持続可能な社会を実現するための「サステイナビリティ(持続可能性)」の観点から積極的に組織の発展のお手伝いをしています。
50年にわたる組織開発の理論と実践をベースとしながらも、新しいアプローチを取り入れ、お客さま組織の更なる活力の向上支援に努めています。
2011年 1月

第1回ISI(エクゼクティブ人間力向上プログラム)開催
※経営者に必要な「人間力」、情緒的知性(EI)と社会的知性(SI)を高めることを目的としたセミナー

3月

中期経営計画5PROs発表

10月

キャリアポテンシャル診断 提供開始
※ビジネス上の成果に結びつく個人的属性を把握するためのコンピテンシーモデルに基づいた診断

12月

グローバルタレントスタンダードプログラムの開発・提供開始
※グローバルに活躍できる「グローバルタレント」の育成を目的としたプログラム

2012年 1月

アジリティ・プログラムの開発・提供開始
※「組織の機敏性」を高めるために、現状診断・変革プログラム立案・プロジェクトの初期段階の進捗チェックの支援などを行うプログラム

11月

VIA Institute on Characterとのパートナーシップ締結により VIA(Value in Action)プログラム提供開始

※個人における24の徳性から個性の強みを知り、社員のエンゲージメント(充足感)を高めることを目的としたプログラム

2013年 4月

創立50周年のコーポレートシンボルマーク作成・発表

2014年 2月

創立50周年記念 ご縁会を開催

5月

株式会社ビーコンラーニングサービス設立(BLS)
※BConソリューションを自治体・商工会議所・商工会・学校法人に提供し、地域・社会に貢献することを使命として設立

8月

情報提供ウェブサイト Good Business Good People開設
※サステイナブル・イノベーション・組織開発・人材開発等の観点から、現在にも未来にも役に立つ仕事で社会によい影響を与える存在になるための情報掲載サイト

9月

第1回SBRP(Strengrh-based Resilience Program)開催
※ストレスに直面しても正常な平衡状態を維持することができるレジリエンス力・逆境力を高めることを目的としたセミナー

2015年 1月

国際NGO「The Natural Step」との協業契約により サステイナブルプログラム提供開始
※経済・環境・社会の観点から持続可能な未来を実現するためのビジョンや戦略策定を支援するためのプログラム

株式会社インディージャパンとの業務提携により JOBSメソッド提供開始

4月

第1回BSSP(BCon Sustainable Strategy Program)開催
※サステイナブルな未来実現のため、現状の延長線で戦略を立てず、バックキャスティングで持続可能なビジョンと戦略の手法を身につけるセミナー

BConの研究開発の歩み〜海外著名学者との共同研究〜

BConでは、米軍基地にて業務に従事する日本人向けのマネジメント教育から始まり、それを深化させていく過程で、組織開発という手法や行動科学のテクノロジーなど様々なノウハウと出会いました。
これらの手法は今日のBConが様々なお客さま組織の課題解決をサポートする上で、欠かせないものとなっています。BConでは海外の著名な研究者との共同研究を通じて、開発された手法を、実践の段階にまで落とし込むことで、机上の理論ではなく、実践的な課題解決のための有効な手段にまで育てることができました。ここでは、BConのセミナーや海外著名研究者との活動の歴史をご紹介します。

1972年 サイ・ミル博士 ウォーナー・バーク博士から広がったネットワーク ※敬称略 (BCon50年の軌跡冊子より抜粋

1972年 サイ・ミル博士 ウォーナー・バーク博士から広がったネットワーク ※敬称略
1969年 4月

プロジェクトマネジメントセミナー開催:バームガートナー氏招聘

10月

第1回EDL(現ELP)開催
※変革期の経営幹部に求められるリーダーシップ能力の開発を目的としたセミナー
※JICE(立教大学キリスト教教育研究所:柳原光先生)の紹介でサイ・ミル博士との親交がスタート

1970年 7月

第1回ODL開催  :ロバート・エーリング氏招聘
※組織・集団内の対立・葛藤を効果的に処理し、協働関係を築き上げるスキル・考え方の習得を目的としたセミナー

1972年 5月

第1回ODC(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士を初めて招聘
※各テーマにおける第一人者により、最先端のOD(組織開発)スキルに関する情報提供を目的としたセミナー
※現在はWIN( World Insight Network)セミナー。当時はODC(ODカンファレンス)/ODP(ODプログラム)/ODT(Organization Developopment Technology)/ORセミナー(Organization Renewail)/ODS(ODセミナー)という名称で開催。

1974年 10月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ジェリー・ハービィ博士招聘

ODL開催:ケアリー・クーパー博士招聘

1975年 3月

セミナー開催:ゴードン・リピット博士&サイ・ミル博士招聘

7月

ODP(現WINセミナー)開催:ジェイ・ホール博士招聘

LIFO勉強会開催 :アラン・キャッチャー博士招聘

1978年 3月

リーダーマッチセミナー開催:フレッド・フィードラー博士招聘

ODT(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&レオナード・グッドシュタイン氏招聘

1979年 4月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ハワード・カールソン博士招聘

1980年 1月

マーケティング戦略セミナー開催:アラン・キャッチャー博士&ローレン・スミス氏招聘

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ロジャー・マイヤーズ氏招聘

1981年 11月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&デービッド・ナドラー博士招聘

ORセミナー(現WINセミナー)開催:ゴードン・リピット博士&ロナルド・リピット博士招聘

1982年 5月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ハービィ・ホーンスタイン博士招聘

1983年 6月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&エドワード・ローラー博士招聘

ODSL(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ジョン・ハンフリー氏招聘

1984年 3月

ODP(現WINセミナー)開催:デービッド・ナドラー博士&マイケル・タッシュマン博士招聘

1985年 3月

ロスチャイルドセミナー開催(ダイヤモンド社共催)

6月

ピーター・ドラッカーセミナー開催(ダイヤモンド社共催)

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ウィル・シュッツ博士招聘

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&リチャード・ベックハード氏招聘

1986年 4月

マイケル・ポーターセミナー開催(ダイヤモンド社共催)

6月

ODP(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ニコラス・ジョージアディス氏招聘

1990年 8月

ODP(現WINセミナー)開催:ピーター・ブロック氏&ハブ・マーチン氏招聘

ODP(現WINセミナー)開催:ジェイ・ガルブレイス博士招聘

1991年 6月

セミナー開催:ウィル・シュッツ博士招聘

8月

ODP(現WINセミナー)開催:ジェイ・ガルブレイス博士&エドワード・ローラー博士招聘

1992年 6月

ODP(現WINセミナー)開催:ジョン・アダムス氏&サビーナ・スペンサー氏招聘

1994年 4月

スティーブン・ラインスミス氏を招聘

1996年 8月

ODS(現WINセミナー)開催:ベッティ・サンダース氏招聘

1998年 1月

ODS(現WINセミナー)開催:マイケル・タッシュマン博士&チャールズ・A・オーライリーⅢ世博士招聘

1999年 1月

ODS(現WINセミナー)開催:ベッティ・サンダース氏&ケビン・フライバーグ氏 招聘

11月

セミナー開催:ジョージ・O・クレンプ博士招聘

2000年 9月

ODS(現WINセミナー)開催:リチャード・チャン博士招聘

2003年 8月

ODS(現WINセミナー)開催:ウォーナー・バーク博士&ウォレン・ベニス博士招聘

2005年 4月

ODS(現WINセミナー)開催:リチャード・バレット氏&タカオ・スズキ氏招聘

8月

ODS(現WINセミナー)開催:ジム・ターム氏&ロン・リュエット氏招聘

2006年 1月

ODS(現WINセミナー)開催:メアリー・リピット博士招聘

2007年 12月

ODS(現WINセミナー)開催:ケビン・フライバーク氏&ジェフ・チェンバース氏招聘

2008年 4月

ODS(現WINセミナー)開催:ロナルド・J・リュエット氏&イーサン・シュッツ氏&ロニー・リナット氏招聘

2009年 1月

ODS(現WINセミナー)開催:ディーナ・エバート氏&ジェイ・ラーソン氏招聘

2010年 8月

ODS(現WINセミナー)開催:クリストファー・G・ウォーリー博士招聘

10月

ODS(現WINセミナー)開催:ポール・ハー氏&セレステ・ブラックマン氏招聘

2013年 1月

50周年記念セミナーヘンリー・ミンツバーグ教授招聘

11月

WINセミナー開催タル・ベン・シャハー博士招聘

2014年 11月

WINセミナー開催ミハイ・チクセントミハイ博士招聘

2015年 3月

WINセミナー開催:カール=ヘンリック・ロベール博士&カミラ・ヴァルマー氏&パー・ラースハンス氏招聘

10月

WINセミナー開催:ヨーラン・カールステッド氏&カーリン・シュルツ氏&インゲル・マットソン氏招聘

company
Norton/Pマーク
ページの上部へ