【速報】新型コロナウイルスの感染拡大に対応した入社式・新入社員研修のあり方に関するアンケート結果

株式会社ビジネスコンサルタント(BCon)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業が入社式・新入社員研修の実施について、どのように検討しているかを調査いたしました。

 

早急な対応が求められている企業が数多くいらっしゃることから、調査結果の速報版をお伝えいたします。

今後の対応を検討する際にご活用いただけますと幸いです。

 

調査概要

 

質問項目

以下のレポートは、下記質問に対する結果となっております。

① 入社式の実施形態は

② 新入社員研修の実施について

③-1 具体的に何を変更しますか(変更を検討中のものも含む) ※複数回答可

③-2 どのように変更しますか(変更を検討中のものも含む) ※複数回答可

④ 入社式や新入社員研修をオンラインで代替する組織も増えています。オンラインでの実施について懸念がある場合、どのようなものがありますか ※複数回答可

 

① 入社式の実施形態は

  • 55.2%の組織が入社式を当初の計画通り、集合形式で実施すると回答。

 

② 新入社員研修の実施について

 

③-1 具体的に何を変更しますか(変更を検討中のものも含む) ※複数回答可

※質問②で「計画を変更した」または「計画の変更を検討している」を選択した組織のみ回答

質問②で「計画を変更した」と回答した組織(18組織)

質問②で「計画の変更を検討している」と回答した組織(34組織)

  • 変更する(変更検討)内容で最も多いのは「社会人としての心構えやビジネスマナーの研修」、2番目は「ビジネススキル研修」、3番目は「社内の制度や規定などの説明」であった。

 

③ -2 どのように変更しますか(変更を検討中のものも含む) ※複数回答可

※質問2で「計画を変更した」または「計画の変更を検討している」を選択した組織のみ回答

質問②で「計画を変更した」と回答した組織(18組織)

質問②で「計画の変更を検討している」と回答した組織(34組織)

  • 変更する(変更検討)方法で最も多いのは「日程を変更する」 、2番目は「期間を変更する」、3番目は「オンライン学習を中心とする」であった。

 

④ 入社式や新入社員研修をオンラインで代替する組織も増えています。オンラインでの実施について懸念がある場合、どのようなものがありますか  ※複数回答可

  • オンラインでの実施において「当初予定していた研修内容がオンラインで実現可能かどうか」懸念する項目の割合が最も多かった。
  • 「通信環境」や「適した研修内容の判断」に関して懸念する項目の割合が約半数あった。

 

関連ソリューション

入社式や新入社員研修の内容をオンラインで実施する組織向けのサービスです

 

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ