持続可能性の4原則

「将来のあるべき姿」を検討する際に、持続可能性の4つの原則を活用します。 この4原則は、自然資源と自然の構造や機能を維持すること、そして人間の基本的ニーズを満たす手引きとして定義されたものです。

持続可能性の4原則
1.自然の中で地殻から掘り出した物質の濃度が増え続けない
2.自然の中で人間社会で作り出した物質の濃度が増え続けない
3.自然が物理的な方法で劣化しない
4.人々が自らの基本的なニーズを満たそうとする行動を妨げる状況を作り出してはならない
Copyright© The Natural Step All rights reserved

関連ソリューション

人材も環境も限られた資源であることを踏まえ、現状の延長線上で戦略を考えるのではなく、まだ見ぬ未来を想定して現時点の目標とロードマップを考える「バックキャスティング」思考を学習します

サステイナブル経営の実践を通じて競争優位を高めることを後押しする公開講座。経営幹部として、将来に適合する組織をつくるための環境認識の持ち方、ビジョンの描き方を学びます

私たちは私たちが生きたいと思える未来のために「大胆でかっこいい目標を掲げて、現在にも未来にも役立つ仕事をしよう!」この考えを日本の組織に呼びかけたいという思いから新規サイトを立ち上げました

Norton/Pマーク
ページの上部へ