M.チクセントミハイ博士

M.チクセントミハイ博士(Mihaly Csikszentmihalyi, Ph.D.) 

クレアモント大学院大学教授   1934年イタリアで生まれる。1956年にアメリカに渡り、1970年よりシカゴ大学心理学科教授、教育学教授を経て1990年よりクレアモント大学院大学教授、クオリティ・オブ・ライフ・リサーチセンター長を務める。
「フロー理論」の提唱者として知られており、創造性や幸福に関する研究を行う。現在アメリカでもっとも注目される心理学者。著書は世界中でロングセラーであり、邦訳『フロー体験 喜びの現象学』(世界思想社、1996年)、『楽しみの社会学』(新思索社、2001年)などがある。

BConでは2014年11月に招聘。WINセミナー「フローと人生におけるエンゲージメント」を開催。