業務改革・業務改善【BCon動画】

「働き方改革」というとイメージするのが、「残業削減」や「生産性向上」ですが、本当にそれだけで良いのでしょうか?
こちらでわかりやすく解説します!

目次

    働き方改革の基本コンセプト

    働き方改革の基本コンセプトの概要

    働き方改革を組織全体に浸透させるには、

    • 生産性革命:社内の文化や社員の意識変革、業務改善など経営の抜本的見直し
    • well-being(ウェルビーイング):社員が働く喜び・生きる幸せを感じられる職場づくり

    という2つの側面のバランスが必要です。

    そしてもう一つ大事なものが経営トップのリーダーシップです。

    働き方改革の基本コンセプトの動画では、上記の内容についてご説明します。

    生産性向上のための3つのアプローチ

    生産性向上のための3つのアプローチの概要

    生産性革命・生産性向上のためには3つのアプローチが必要と考えています。

    • 部門レベルでのアプローチ
      【業務改善と改革】:”業務体制”, “組織体制”, “リソース” ⇒ 業務量の削除
    • 職場・組織・業界レベルでのアプローチ
      【職場のパラダイム変革】:”組織文化”, “組織風土”, “雰囲気” ⇒ 固定概念の変革
    • 個人レベルでのアプローチ
      【タイムマネジメント】:”個人の意識”, “能力”, “スキル”  ⇒ 時間の使い方、仕事の進め方の変革

    この3のアプローチを様々な職場、様々な角度からアプローチすることで生産性を向上に取り組んでいきます。

    組織風土のパラダイム変革の概要

    組織風土のパラダイム変革の概要

    理想的な職場を目指すためには、パラダイムを時代に合わせて変えていく必要があります。

    パラダイムというのは、固定観念・思い込み・枠組みです。

    例えば、残業の多い職場では

    • 残業している人が評価される
    • 早く帰ると評価が下がる
    • 早く帰りにくい雰囲気がある

    といったパラダイムが潜んでいます。

    これを就業時間内で仕事が終わる職場にするためには

    • 就業時間内に仕事を終わらせる人が評価される
    • 定時退社しやすい雰囲気がある

    というパラダイムに変えていく必要があります。

    パラダイム変革は職場レベル・組織レベル・業界レベルで取り組んでいく必要があり、経営レベルの意思決定も求められます。

    業務改革・改善

    業務改革・改善の概要

    生産性を向上させるためには、業務改革・業務改善に取り組む必要があります。

    【業務改革・業務改善・生産性とは】

    • 業務改善:日々取り組んでいる地道な活動
    • 業務改革:業務を総点検し、抜本的に取り組む活動
    • 生産性=アウトプット(成果・結果)÷インプット(時間・人員)

    ※少ないインプットで多くのアウトプットを出せる状態のことを生産性が高い状態といいます

    【業務改革・改善の基本的な考え方】

    • 貢献度の低い業務を思い切って”やめる・きる・へらす”
    • 新規業務への取り組み、重要業務を強化

    【業務改革を進める順序】

    1.  廃止・削減
    2. 標準化・簡素化
    3. 業務分担
    4. システム化

    この順序で考えることで意味のある業務改革が行えます。

     

    今後公開予定の動画一覧

    • well-being(ウェルビーイング)

    メールマガジンを登録

    組織開発や人材開発の最新の情報やソリューションのご案内をお送りしています。

    オススメのコラム

    ATD バーチャルカンファレンスからの学び【2】

    毎年、5月にはATD(Association for Talent Development)という人材育成に関する世界中の専門家が集まるカンファレンスがあります。2020年はコロナの感染拡大防止のため、急遽6月第1週に「バーチャルカンファレンス」の形で実施されました。

    数回にわたり、ATD Virtual Conferenceで学んだ内容をお届けしていきます。
    今回は2回目のレポートです。

    ~コロナ禍を乗り越えるための知恵とエール~ 世界の専門家からのメッセージ⑦ カール=ヘンリク・ロベール博士 ほか

    不確実なことに満ちている世界で、企業のリーダー、市民、政治家、医療従事者など皆が動揺しながらも、なんとか踏ん張ろうと努力しています。
    BConでは多様な人たちと共に、それぞれの専門性や強みを活かし、力を合わせることで、人類が対処すべき難局を乗り越えていきたいと願っています。

    そこで、特に私たちと関わりのある研究者や専門家からその知恵を、そしてエールを送って頂きました。
    日本および世界の人々を勇気づける、または活動を方向付ける助けになるメッセージを発信していきます。

    ここでは、カール=ヘンリク・ロベール博士、アンデシュ・ヴィークマン氏、カリン・ボーディン氏ら3人の専門家からのメッセージをご紹介します。

    人気のコラム

    ~コロナ禍を乗り越えるための知恵とエール~ 世界の専門家からのメッセージ② マーティン・リッチ氏

    不確実なことに満ちている世界で、企業のリーダー、市民、政治家、医療従事者など皆が動揺しながらも、なんとか踏ん張ろうと努力しています。
    BConでは多様な人たちと共に、それぞれの専門性や強みを活かし、力を合わせることで、人類が対処すべき難局を乗り越えていきたいと願っています。

    そこで、特に私たちと関わりのある研究者や専門家からその知恵を、そしてエールを送って頂きました。
    日本および世界の人々を勇気づける、または活動を方向付ける助けになるメッセージを発信していきます。

    ~コロナ禍を乗り越えるための知恵とエール~ 世界の専門家からのメッセージ

    不確実なことに満ちている世界で、企業のリーダー、市民、政治家、医療従事者など皆が動揺しながらも、なんとか踏ん張ろうと努力しています。
    BConでは多様な人たちと共に、それぞれの専門性や強みを活かし、力を合わせることで、人類が対処すべき難局を乗り越えていきたいと願っています。

    そこで、特に私たちと関わりのある研究者や専門家からその知恵を、そしてエールを送って頂きました。
    日本および世界の人々を勇気づける、または活動を方向付ける助けになるメッセージを発信していきます。