サステイナブル(SDGs)【BCon動画】

近年、企業を取り巻く環境に「SDGs」「サステイナブル」という言葉がキーワードになりつつあります。
環境や社会貢献に取り組む企業が選ばれる世の中になってきました。
サステイナブル(SDGs)に貢献するとどんなメリットが得られるのでしょうか。

・SDGsを経営に取り入れる方法とは
・具体的な戦略計画とは

サステイナブル(SDGs)のヒントを動画でご紹介します。

目次

    SDGsとは

    【SDGsとは】の動画内容

    ■SDGsとは、 2015年9月の国連サミットで定められた「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を指します。
    その内容は2030年までに解決すべき課題に対する【持続可能な開発目標】で、世界共通で17の目標、169のターゲット、232の指標があります。

    17の目標は「生物圏」「社会」「経済」そして「パートナーシップ」にカテゴライズされ、国、企業、個人、一人ひとりが協力して目標に対して取り組んでいきます。

    なぜ企業がSDGsに取り組む必要があるのか

    【なぜ企業がSDGsに取り組む必要があるのか】の動画内容

    ■企業がSDGsに取り組む必要がある3つの理由
    1.持続可能でない状態
    人口増加・地球温暖化により、これまでのビジネスが持続可能でない状態になってしまっている

    2.ビジネス評価の変化
    今まで :大量生産・大量消費・大量廃棄してきた
    これから:地球環境・社会問題を解決するビジネスが評価・投資される

    3.サプライチェーンから外されるリスク
    安くて良いだけではなく、環境・地球に貢献できることが選択の基準となってきており、
    SDGsに貢献できるサービスが選ばれている

    SDGsを経営に取り入れるための考え方

    【SDGsを経営に取り入れるための考え方】の動画内容

    ■SDGsを経営に取り入れるための2つの考え方
    1.バックキャスティングの思考を取り入れる
    未来のビジョンを描き、その実現に向けて考えること

    2.SDGsをマイルストーンと考える
    SDGsはゴールではなく、サステイナブルビジョンを実現するための、2030年までの活動目標とすること

    バックキャスティング戦略立案のステップと成功のポイント

    【バックキャスティング戦略立案のステップと成功のポイント】の動画内容

    4つのステップ(ABCDプロセス)を活用する
    A:気付きとビジョン作り
    B:現状分析
    C:創造的な解決策の検討
    D:優先順位の決定、ロードマップ、アクションプランの作成

    4つのステップを進める上での留意点
    1.「行ったり来たり」を繰り返す
    各ステップにおいて一度作成したから終わりではなく、4つのステップを行ったり来たりしながら再度検討すること
    2.専門知識を持ったファシリテーターが討議を行う

    持続可能性4原則8項目について

    ■下記URLより、弊社関連サイトにリンクします

    http://goodbusiness.jp/4-root-causes-of-unsustainability/

    「バックキャスティング戦略立案のステップと成功のポイント」動画内でご案内した【持続可能性4原則8項目】について、詳しくご紹介しています。

    持続可能性4原則8項目は、サステイナブル経営を実現するためのビジョンと成功の柱を描くポイントの1つです。ぜひ参考にしてください。

    サステイナブル経営を成功に導く5つのポイント

    【サステイナブル経営を成功に導く5つのポイント】の動画内容

    これまでSDGs、バックキャスティング戦略立案についてお伝えしました。
    本動画では、それらを取り入れたサステイナブル経営を成功に導く5つのポイントについてお伝えします。

    ■サステイナブル経営を成功に導く5つのポイントとは
    1.大きな絵(ビッグピクチャー)を共有すること
    ・人々は世界をありのまま見ているのではなく、見たいように見ている
    ・今の時代認識、今地球で何が起きているのかを科学的知見に基づきシンプルに共有する
    ・システムで考えることによって、気付づいていなかったことが見え、サステイナブル経営に向けてのチャンスが見つかる

    2.ゴールを「望ましい」表現で語ること
    ・ポジティブな表現
    ・「環境を破壊してはいけない」ではなく、「青空を取り戻す」
    ・「私は悪夢から脱却したい」ではなく、「私には夢がある」

    3.トップがコミットすること
    ・どうすればいい のかは分からなくても、「実践する」と社内外に宣言をして、その宣言にコミットする
    ・「実践する」と宣言し、巻き込み、働き掛かけると「こうしたらどう ですか」と提案や知恵は 集まる
    ・今まで予想もしなかったダイナミックスが生じ、実際には 道が見つかる

    4.短期と長期のバランスを取ること
    ・今がなければ、明日はない。戦略的資源配分と移行計画
    ・頑張れば短時間にできること、頑張ってもある一定の時間が掛かかるものがある。常にテクノロジーの動向もを見逃さない
    ・短期と長期のどちらも評価できる仕組みづくりを行う

    5.社会関係資本が高い組織をつくり、社外との緩やかなつながりを持もつこと
    ・直感と感性が刺激され、「面白い!やって取り組んでみたい!」と思える取り組みを用意する
    ・間違いや失敗を歓迎する姿勢を持もつ
    ・社外の視点を組織に取り込む

    サステイナブル(SDGs)動画が、皆さんの活動のお役に立てれば幸いです。

    メールマガジンを登録

    組織開発や人材開発の最新の情報やソリューションのご案内をお送りしています。

    オススメのコラム

    サービス化:第1回 企業と顧客が共創する、新たなビジネスモデルへの挑戦

    産業界は、無駄な消費・消耗を抑えてサステイナビリティー(持続可能性)を目指す、変革の時を迎えました。そして市場・消費者はモノ(製品)からコト(経験)、さらに「イミ(価値)消費」の重視へと価値観を変化させています。こうした変化の推進力となっているのが「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」です。従来とは異なる視点・概念に基づき、IoTを活用することで、新たなビジネスモデルの創出を目指す取り組みです。

    このコラムシリーズではサービス化をテーマに、基礎的な考え方を整理するとともに、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。第1回となる今回の記事では、サービス化の基盤となる考え方とIoTの関係についてご紹介します。

    サービス化:第2回 顧客に寄り添う、共感と共創のビジネスモデルへ

    従来とは異なる考え方とIoTの活用によって新たなビジネスモデルの創出を目指す「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」。このコラムシリーズではサービス化をテーマに、その基礎的な考え方を整理し、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。この記事は、シリーズの第2回です。

    前回の記事では、サービス化の基盤となる考え方と、IoTの関係についてご紹介しました。今回の記事ではいくつかの事例を見ながら、サービス化によるビジネスの変化や、顧客に寄り添ったサービス化を実装するためのステップを考えます。

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎と特長

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」は、あらゆる業種の企業が、サステイナブル経営を実現するための取り組みに活用できるツールです。
    英国に拠点を置くFuture-Fit財団が開発・普及を進め、国連グローバル・コンパクトや、サステナブル・ブランドといった国際機関が認める世界的な基準となっています。

    このコラムでは「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎となっている考えや理論、そして活用方法についてご紹介します。

    人気のコラム

    人材育成とは何か?職場における効果的な育成手法:1on1ミーティング

    自社、自職場にあった人材育成とは何か?
    人手不足、働き方改革、多様な働き方の広がりなど組織内の状況が大きく変化している中で、改めて人材育成を考え直す組織が増えています。そこで今回は、人材育成について整理して、再検討するための情報をご案内します。
    また合わせて、昨今注目されている人材育成手法:1on1ミーティングについて、実践者の声も交えてご紹介します。

    ※「1on1ミーティング」は、ヤフー株式会社の登録商標または商標です。