ポジティブ心理学とは

ポジティブ心理学は、1998年、米国心理学会会長であったペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・セリグマン(Martin E.P. Seligman)博士が「病気の人を癒すのと同じくらい、普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべき」として、ポジティブ心理学が始まりました。
ポジティブ心理学は、「よりよく生きるために」という目標観を持った学問で、科学的にアプローチを重視しています。また、脳科学の発展によって、脳がポジティブな状態では、創造性が増し、生産性が向上するという研究成果も多く発表されています。

目次

    ポジティブ心理学への関心が高まり始めた背景

    ‘92年バブル崩壊後20年以上、日本企業は非常に厳しいビジネス環境にさらされ、その中で企業は生き残りをかけて、徹底した効率化、M&A、リストラクチャリングの実施、成果主義型人事制度への変更、派遣社員の増員、グローバル化の推進のように、さまざまな手を打ってきました。

    一方、現場サイドでは、人が増える事はなく、一人あたりの仕事量と役割は拡大する一方で、KPI(業績指標)を細かく設定し、そのマネジメントで追いかけられる毎日という実態です。そしてグローバル化にともない今まで経験したことがない多様な価値観を持った人々と協働するということも珍しくなくなりました。このような仕事の環境だけでなく、3.11の東日本大震災を契機として、命の尊さや人生そのものを問い直すような風潮が高まり、仕事や働き方に関する考え方が変化していきました。

    このような中で、マネジメントの世界で話題となっていることは、サステイナブル経営、イノベーション、創発、内発動機というキーワードが注目されています。

    ポジティブ心理学の始まり

    ポジティブ心理学は、1998年、米国心理学会会長であったペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・セリグマン(Martin E.P. Seligman)博士が「病気の人を癒すのと同じくらい、普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべき」として、ポジティブ心理学が始まりました。

    ポジティブ心理学は、「よりよく生きるために」という目標観を持った学問で、科学的にアプローチを重視しています。また、脳科学の発展によって、脳がポジティブな状態では、創造性が増し、生産性が向上するという研究成果も多く発表されています。

    VIAとの出会い

    ポジティブ心理学の提唱者である、セリグマン博士自身は『幸福(Happiness)』という言葉を使うのを極力ひかえて、『Well being』という言葉を使い始めました。この意味は、「よき生き方をする」ということであり、その意図するところは「希望をもって、今日一日に集中して、精一杯生きる」ということです。

    VIAは、セリグマン博士と故クリストファー・ピーターソン博士(Dr.Christopher Peterson)の2人が開発したもので、人間が本来持っている徳性の強みを発見し、活用するというもので、内発動機を高めるツールとして極めて有効なものです。ポジティブ心理学の中でも研究の中心的な存在となっています。そこでBConではポジティブ心理学応用プログラムの第一弾として、VIA ワークショップを展開することとなりました。

    VIAは、サステイナブル経営やイノベーションを実現していくための中核となる人間のモチベーションや生き甲斐について新しいアプローチをすることが可能となるため非常に魅力的なものといえます。

     


    VIA診断を無料で

    VIA Institute on Character のWebサイトで、VIA無料診断をお試しいただけます。
    ※VIA無料診断は、VIA Institute on Character が提供するものです。外部サイトとなるため、操作方法の詳細等ご不明点については、リンク先にてお問い合わせください。
    ※表示言語を日本語に切り替えてご覧になれます。操作方法はこちらをご参照ください。


    メールマガジンを登録

    組織開発や人材開発の最新の情報やソリューションのご案内をお送りしています。

    オススメのコラム

    サービス化:第1回 企業と顧客が共創する、新たなビジネスモデルへの挑戦

    産業界は、無駄な消費・消耗を抑えてサステイナビリティー(持続可能性)を目指す、変革の時を迎えました。そして市場・消費者はモノ(製品)からコト(経験)、さらに「イミ(価値)消費」の重視へと価値観を変化させています。こうした変化の推進力となっているのが「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」です。従来とは異なる視点・概念に基づき、IoTを活用することで、新たなビジネスモデルの創出を目指す取り組みです。

    このコラムシリーズではサービス化をテーマに、基礎的な考え方を整理するとともに、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。第1回となる今回の記事では、サービス化の基盤となる考え方とIoTの関係についてご紹介します。

    サービス化:第2回 顧客に寄り添う、共感と共創のビジネスモデルへ

    従来とは異なる考え方とIoTの活用によって新たなビジネスモデルの創出を目指す「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」。このコラムシリーズではサービス化をテーマに、その基礎的な考え方を整理し、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。この記事は、シリーズの第2回です。

    前回の記事では、サービス化の基盤となる考え方と、IoTの関係についてご紹介しました。今回の記事ではいくつかの事例を見ながら、サービス化によるビジネスの変化や、顧客に寄り添ったサービス化を実装するためのステップを考えます。

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎と特長

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」は、あらゆる業種の企業が、サステイナブル経営を実現するための取り組みに活用できるツールです。
    英国に拠点を置くFuture-Fit財団が開発・普及を進め、国連グローバル・コンパクトや、サステナブル・ブランドといった国際機関が認める世界的な基準となっています。

    このコラムでは「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎となっている考えや理論、そして活用方法についてご紹介します。

    人気のコラム

    人材育成とは何か?職場における効果的な育成手法:1on1ミーティング

    自社、自職場にあった人材育成とは何か?
    人手不足、働き方改革、多様な働き方の広がりなど組織内の状況が大きく変化している中で、改めて人材育成を考え直す組織が増えています。そこで今回は、人材育成について整理して、再検討するための情報をご案内します。
    また合わせて、昨今注目されている人材育成手法:1on1ミーティングについて、実践者の声も交えてご紹介します。

    ※「1on1ミーティング」は、ヤフー株式会社の登録商標または商標です。