オンライン研修に関するガバナンス・ポリシーについて

目次

    株式会社ビジネスコンサルタント

    弊社(以下「BCon」)ではオンライン研修への社会的要請に応えるため、Web会議システムを利用したオンライン研修の実施に取り組んで参りました。一方、新型コロナウイルスの影響からWeb会議システムの利用者が著しく増加するなか、その脆弱性を突いた攻撃が顕在化するところとなっています。

    このような背景から、オンライン研修でのWeb会議システムの利用に際しては、研修主催者にセキュリティ上のリスクに対する適切な認識と管理、およびそれらに対する運用上のガバナンス・ポリシーの整備が求められるものと認識しております。

    ここでは、「Web会議システムの利用にともなうセキュリティ上のリスク」についてのBConの認識、および「Web会議システムの利用に関するBConのガバナンス・ポリシー」についてご説明いたします。

    Web会議システム利用上の想定リスク

    BConでは、オンライン研修でのWeb会議システムの利用について、以下のリスクを想定しています。

    1. 研修主催者の通信環境上の不具合による、開始遅延や中断による終了時刻遅延
    2. 通信キャリアや受講者側の通信環境上の不具合による、受講支障者の発生
    3. ネットワーク上の通信をクラッキングされ、盗聴・傍受され情報が漏洩するリスク
    4. 無許可参加者や、なりすまし参加者の侵入リスク(具体的リスク;不適切画面の共有、正規参加者の入室妨害、悪意のあるサイトへの誘導やマルウェアの配布、お客様情報や研修知的財産の窃取等)

    Web会議システム利用に関するガバナンス・ポリシー

    BConでは、オンライン研修でのWeb会議システムの利用について、以下のガバナンス・ポリシーを定めています。

    1. Web会議システムの選択はお客様とご相談させていただきます。

       
      a)お客様指定のWeb会議システムがある場合、システムの仕様等を事前に確認させていただき、BConの情報提供、受講環境に支障がないと判断される場合には、その採用を検討させていただきます。
      BConで利用経験がないWeb会議システムを採用する場合、お客様がWeb会議「主催者」となりBCon側が「参加者」として利用させていただきます。
      ご指定のWeb会議システムではBConのサービスが十分に提供できないと判断されるときは、BConが利用するWeb会議システムの使用をお願いする場合があります。

      b)お客様指定のWeb会議システムが特にない場合、BConが利用・指定するWeb会議システムを使用させていただきます。BConのWeb会議システム利用基準は「3.Web会議システムの利用基準」をご確認ください。

      c)BCon主催の公開講座に関しましては、BCon指定のWeb会議システムを使用させていただきます。

    2. お客様不利益が発生した場合については、あらかじめ責任の所在を踏まえた対応内容を協議可能です。

       
      a)通信上の不具合につきましては、通信キャリア側の不具合、研修主催者側の社内通信環境不具合、受講側組織の通信環境不具合、受講者個人宅の通信環境の不具合など、責任所在が異なるケースが想定されます。
      通信上の不具合が理由でお客様の受講に支障が発生した場合、不具合の原因、支障の内容、支障の範囲(人数や時間等)に応じて真摯な対応に努めさせていただく所存ではございますが、返金または追加サービス等、対応については、責任の所在に応じた内容を、個別契約において定めます。

      b)通信上の情報漏洩等が発生した場合につきましては、責任の所在に応じた対応を、個別契約において定めます。

      c)双方の責によらない不可抗力につきましては、原則として免責とさせていただきます。

    3. Web会議システムの利用基準

      BConでは以下の制御機能や実績のあるWeb会議システムを利用するのが望ましいと考えております。
      以下の全ての機能を満たさないシステムでもお客様と協議し合意いただける場合は、運用管理に十分留意し、利用いたします。

      a)有償アカウントを使用し、「主催者」側でセキュリティ機能をコントロールできること。
      b)ミーティング毎にランダムなパスワード設定ができること。
      c)お客様とBConの間の通信は、暗号化されること。
      d)「主催者」側が録音・録画の可否を制御できること。
      e)多数の参加予定者の出席を容易に把握できること(不正侵入者の発見ができること)。
      f)BConの提供サービス特性を生かせる機能があること(画面共有等)。
      g)受講者環境に導入が容易なもの。
      h)広く使用実績があるもの。
      i)脆弱性が発見された場合、速やかに対応版がリリースされるもの。

    BConが利用するWeb会議システムについて

    BConでは、以下のWeb会議システムについて利用実績があります。(2020年6月1日現在)

    ◎ Zoom
    ◎ Webex
    ◎ V-CUBE
    ◎ Skype
    ◎ Skype for Business
    ◎ Microsoft Teams
    ◎ Google Meet(旧称 Hangouts Meet)

    お問い合わせ先

    個社別に実施するオンライン研修等については弊社担当営業が承ります。
    公開講座については弊社公開講座事務局(TEL:03-3287-3413 Email:info_kokai@bcon.jp)が承ります。