VLP( ビジョナリー・リーダーシップ・プログラム)

  • オンライン型
  • マネジメント力強化

【対象者】
・管理職層 ・次世代リーダー
・新規事業プランナー ・経営企画
・マーケティング担当 ・DX推進担当

VLPは、2022年度から新たな講座として誕生しました。VUCAの時代と言われて久しいですが、マネジメントにおける基本も見直さざるを得ない経営環境にあります。本講座は、マネジメントの2大機能(戦略的機能・業務的機能)の中でも戦略的機能に焦点を当てたプログラムです。目の前のビジネスの変化に機敏に対応し、収益を上げていくフォアキャスティングの戦略も必要である一方で、先々の経営環境の変化を予見し、未来に向けた新たなビジネスを構想するためのバックキャスティングの戦略の発想も重要です。

本講座は、新たな視点・発想で、事業価値を生み出すためのマネジメントのマインドとスキルを学習する講座です。

概要

講座名 VLP(ビジョナリー・リーダーシップ・プログラム)
― 会場受講
期間 2泊3日
時間 1日目 11:00~19:30 2日目 8:30~19:30 3日目 8:30~15:00
参加費用

¥280,000-
★ 上記料金には、教材費・食事代・宿泊費を含みます。
★ 表示価格は税抜価格です。

感染症対策

公開講座の運営ガイドラインとご協力のお願い

― オンライン受講
期間 3日間
時間 3日間全て9:00~17:30
参加費用

¥250,000-
★ 上記料金には、教材費を含みます。
★ 表示価格は税抜価格です。

パンフレット 2022年度

ねらい

  1. 業界・業種を超えたパラダイム・思考の箍(タガ)を打破する
  2. 戦略的発想を徹底的に磨き、リーダーとしてのビジョンメイキング力を養う
  3. 自社だけでなく、他社や顧客との共創により新たな顧客価値を創造する力を養う

新たな視点・発想で、事業価値を生み出すためのマインドとスキルを学習します。

プログラム概要

受講をお勧めする方

  • バックキャスト思考で自社の将来ビジョンを描きたい方
  • 新しいビジネス・商品・サービスを生み出したい方
  • デザイン思考力・マーケティング思考力を身に付けたい方

特徴

以下を身に付けることができます。

  1. 社会課題の解決につながるビジネスを考える力
  2. バックキャスティングでサステイナブルな戦略を構築する力
  3. 顧客価値発見・創造するデザイン思考
  4. 価値共創をベースにしたマーケティング思考力
  5. 周囲をつなげる力
  6. 顧客の心理・行動に対する洞察力

講座内容

1日目 【バックキャスティング思考の啓発】

  • 未来を受け入れる
    DX、サステイナブル経営等の今後の環境変化を理解し、自社・自部署が対応・予応すべき課題について検討する。
  • サービスビジネスへの転換とは
    あるメーカーのケースを活用して「モノからコトへ」のサービスビジネスへの転換についての知見、見識を深める。

2日目 【本業を問い直す】

  • 自社が提供している顧客価値とは
    自社の本業(何屋なのか?)を問い直す。

  • 新たな顧客価値を提供できる新ビジネスや新サービスについて
    あるサービス業のケースを活用して「モノからコトへ」「コトからイミへ」を学ぶ。また、自社が提供できる/すべき顧客価値について検討する。

3日目 【自社・自部署・自身への落とし込み】

  • 相互援助フィードバック
    今後のリーダーシップ啓発のために、2日間一緒に取り組む中で感じた、互いの強み・啓発点についてフィードバックし合う。
  • 自社・自職場のビジョン実現に向けたアクションプランの立案
    自社・自部署で取り組むべき戦略や事業アイディアを整理して、自分自身が自社・部署で取り組むべきこと、強化すべきことをまとめる。また、今後の行動計画を立てる。

受講者の声

自社の”強み”が”弱み”に変わることがあるということを理解した。業界のトップを自負しているが、この業界の技術が不要になったとすると、想像するだけでも恐ろしい。主役はサービス。製品は、名脇役と捉えて具体的な自社の顧客価値検討に入ります。

マーケティングコンセプトでは、年代ごとに振り返りができ、消費者側から見ると、何も意識することなくマーケティング戦略(時代の流れ)に乗って、購入・消費していた。現在のマーケティング4.0では価値共創というキーワードにはDXが欠かせないと理解しました。IT・ビッグデータ・AIという流れが加速度的に技術革新していく中で、わが社がサービス業として何が出来るのかを考えさせられた機会となりました。

今までは改良ベースでの製品開発しかできていないと気づけた。また、つい開発の際には製品の機能に目が向きがちだった。利便性だけでなく、利用するユーザーの感情的な価値にも配慮したい。顧客にはニーズ(ほしい)より前に、JOB(したい)があるという考えも新鮮でした。さらに、開発のプロセスであるチームビルディングの重要性にも気づきました。プロセスの見える化は、目から鱗で職場でも活用したい。

開催スケジュール・お申し込み

お申し込みになる開催日程にチェックを入れ、下部の「お申し込みフォームへ」を押してください。
※同時に3日程までお申し込みが可能です。
※オンライン開催の日程については、下部の「オンラインで開催される講座のお申し込み・ご参加について」を必ずご確認ください。

オンラインで開催される講座のお申し込み・ご参加について

【申込締切】開催2週間前にお申し込みを締め切らせていただきます。
【受講においての必需品と受講環境】
・パソコン(一人一台)
 ※カメラがPCに内蔵されていない場合には、外付けのカメラをご準備ください。
 ※ 講座ではアプリケーションPowerPoint、Excel 、Wordを使用する場合がありますので、OSはWindowsを推奨します。
・イヤホンまたはマイク付きイヤホン
 ※PCにマイクが内蔵されていない場合には、音声を拾うことができるイヤホンをご準備ください。講義の視聴だけでなく、グループ討議などのために必要になります。
・通信制限なしのWifi等通信環境
 ※外部サイトへアクセスが可能でかつ通信制限がない環境を確保してください。オンライン受講ではクラウド上の様々なコンテンツを視聴する安定した通信環境が必要になります。
 ※通信量の目安について:
   動画視聴(画質720P・1分あたり12MBとして)約1.5時間 1GB
   Zoom WEB会議(1時間で200~300MBとして)約3~5時間 1GB
・本講座はオンライン会議システム(Zoom)を活用して講座を進めます。
・ご受講される際には、静かな場所・周りの人の声が聞こえない場所、お一人になれる環境でご受講をお願いいたします。

 


満席の場合はウェイティングとして仮申し込みを承ります。
 状況等詳細は、公開講座担当(直通 03-6260-7573)までお問い合わせ下さい。

※恐れ入りますが、ご同業の方からのお申し込みはお断りいたします。