労働組合とは【BCon動画】

労働環境や働き方が変化する中、「労働組合」の在り方も変わりつつあります。
また、新型コロナウィルス対策の影響で労働組合の活動も制限されています。
このような変化にどう対応したら良いのでしょうか。

・今求められる労働組合とは
・具体的な政策とは

経営に働きかけるための組合活動のヒントを動画でご紹介します。

目次

    今求められている労働組合とは

    【今求められている労働組合とは】の動画内容

    平成から令和に変わり、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、労働組合の在り方も変化しています。
    今回は今求められている労働組合についてメッセージしたいと思います。

    「今求められている労働組合とは」ポイント
    1.
    ・組合役員が組合活動をして良かったと思える組合であること
    ・「誰のための組合なのか」を考え、組合の存続のためだけの活動をしないこと
    ・本気で、面白く!まじめに、楽しく!時には厳しく真剣に取り組める組合活動を企画し、実行すること
    2.
    ・経営の真のカウンターパートナーを目指した組合であること
    ・シビアな目で経営対策をする
    ・評価(〇×△)だけでなく、改善提案などの企画提案が必要
    ・時には会社の見ている方向と組合員の見ている方向をそろえること

    今後公開予定の動画一覧

    • 組合の代表的な政策とは

    メールマガジンを登録

    組織開発や人材開発の最新の情報やソリューションのご案内をお送りしています。

    オススメのコラム

    サービス化:第1回 企業と顧客が共創する、新たなビジネスモデルへの挑戦

    産業界は、無駄な消費・消耗を抑えてサステイナビリティー(持続可能性)を目指す、変革の時を迎えました。そして市場・消費者はモノ(製品)からコト(経験)、さらに「イミ(価値)消費」の重視へと価値観を変化させています。こうした変化の推進力となっているのが「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」です。従来とは異なる視点・概念に基づき、IoTを活用することで、新たなビジネスモデルの創出を目指す取り組みです。

    このコラムシリーズではサービス化をテーマに、基礎的な考え方を整理するとともに、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。第1回となる今回の記事では、サービス化の基盤となる考え方とIoTの関係についてご紹介します。

    サービス化:第2回 顧客に寄り添う、共感と共創のビジネスモデルへ

    従来とは異なる考え方とIoTの活用によって新たなビジネスモデルの創出を目指す「サービス化(サービタイゼーション Servitization)」。このコラムシリーズではサービス化をテーマに、その基礎的な考え方を整理し、事業のサービス化に向けたアプローチを探ります。この記事は、シリーズの第2回です。

    前回の記事では、サービス化の基盤となる考え方と、IoTの関係についてご紹介しました。今回の記事ではいくつかの事例を見ながら、サービス化によるビジネスの変化や、顧客に寄り添ったサービス化を実装するためのステップを考えます。

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎と特長

    「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」は、あらゆる業種の企業が、サステイナブル経営を実現するための取り組みに活用できるツールです。
    英国に拠点を置くFuture-Fit財団が開発・普及を進め、国連グローバル・コンパクトや、サステナブル・ブランドといった国際機関が認める世界的な基準となっています。

    このコラムでは「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の基礎となっている考えや理論、そして活用方法についてご紹介します。

    人気のコラム

    人材育成とは何か?職場における効果的な育成手法:1on1ミーティング

    自社、自職場にあった人材育成とは何か?
    人手不足、働き方改革、多様な働き方の広がりなど組織内の状況が大きく変化している中で、改めて人材育成を考え直す組織が増えています。そこで今回は、人材育成について整理して、再検討するための情報をご案内します。
    また合わせて、昨今注目されている人材育成手法:1on1ミーティングについて、実践者の声も交えてご紹介します。

    ※「1on1ミーティング」は、ヤフー株式会社の登録商標または商標です。