サステイナビリティ(持続可能性)

「持続可能性」を意味する英語の”sustainability”のカタカナ表記(サステイナビリティの他に、サステナビリティ、サスティナビリティと表記する場合もある)。

環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にする取組みのことを言う。 その中でも昨今は、企業が事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てていくことが求められている。1987年国連に設置されたブルントラント委員会(環境と開発に関する世界委員会)が発表した「地球の未来を守るために(Our CommonFuture)」の中で使われたのが概念の最初。


関連ソリューション

「WIN-Seminar 『バックキャスティング経営の本質』」(2015年3月開催):終了しました

いかにして持続可能な競争優位とブランド価値を新しい方法で創りだすか!? バックキャスティング経営の本質と実践・成功事例を先進的取組みを行っているスウェーデンの3名のリーダーよりご紹介します

「Good Business Good People」(情報提供サイト)

私たちは私たちが生きたいと思える未来のために「大胆でかっこいい目標を掲げて、現在にも未来にも役立つ仕事をしよう!」この考えを日本の組織に呼びかけたいという思いから新規サイトを立ち上げました

「BSSP( サステイナブル・ストラテジー・プログラム)」(公開講座)

現状の延長線で戦略を立案するのではなく、バックキャスティングで持続可能なビジョン戦略の手法を身につける

 

Norton/Pマーク
ページの上部へ