ITS( イノベイティブ・シンキング・システム )

組織が持続的に成長していくためにはイノベーションが必要です。従来とは比較できないほどの桁違いのアイディアが生まれ、確実にビジネスチャンスにつながっていく__そんなイノベーション・メソッドを体系化したのが、弊社の『ITS』です。
スタートから20年、いまや世界で20,000人が受講しているITSでは、組織で革新を起こすために必要な”5つの実践メソッド”と”28のテクニック”を体験的に学べます。プロジェクトの実行力を引き出すための合意形成の方法、プレゼンの説得力や質疑応答の質を高める徹底したアイデアの磨き上げ、採択された提案を確実に成功に導くリーダーシップなど、現場で必要なスキル&ノウハウが段階的に身に付く体験型プログラムです。

講座名 ITS(イノベイティブ・シンキング・システム)
期間 3泊4日
時間 1日目 11:00~20:00 | 2日目 8:30~21:00 | 3日目 8:30~20:00 | 4日目 8:30~15:00
参加費用
¥360,000-
★ 上記料金には、教材費・食事代を含みます
★ 表示価格は税抜価格です
パンフレット  2016年度 講座タイムスケジュールはこちらをご覧ください
お申し込み 2016年9月 成田 | 2017年2月 琵琶湖
講師派遣型 社内での集合研修をご希望の場合は こちら をご覧ください

 

ねらい

  1. 思考の「箍(たが)」「殻」を破るための自己理解を深めます
  2. 革新的なアイディアを創出するための技法を習得します
  3. 革新的アイディアを収束し実践へ結びつける思考能力およびプレゼンテーションスキルを高めます
  4. 革新的思考を発揮するとともに、他者の革新的思考も活用できるリーダーシップの考え方を学びます
  5. これからの革新的思考発揮のための自己啓発目標を明確にし、設定します

受講をお勧めする方

内容

ITSでは、組織でイノベーションを起こすために必要な下記5つの機能について体験的に学習します

  1. アイディアの案出

    段違いの数と質のアイディアを生み出す組織能力

  2. アイディアの採択

    企業家精神による採択とプレゼンテーション力

  3. アイディアの実践

    公式的な組織づくりとリーダーシップ力

  4. 保護役

    情報をインプットする外部・他部門の機能

  5. 後見役(資源面/精神面)

    パワーを持つ人たちのバックアップ機能
    ※エドワード・ロバート/アラン・ファスフィールド(マイケル・タッシュマン講演会より)

日本発の本研修は15年以上の歴史を持ち、受講者は年間7千人を超えています。アメリカ合衆国、中国、韓国、デンマーク、フィリピンなど多くの国々でも導入されています。アメリカ合衆国の歴史ある教育訓練団体でも、数年にわたりITSに関する発表が行われています ※ 「 ITSライセンス取得講座 」への参加をご希望の方は、事前に本講座へご参加ください。詳細は担当営業にお問い合わせください。

部門別活用例

革新力向上プログラム(ITS)部門別活用例_図

受講者の傾向・声

このような方々が受講しています

  its_2014.png

受講者の感想

 

開催スケジュール・お申し込み

開催地 日程 会場 ご参加
成田 2016年
9月7日~10日
千葉県成田市駒井野763-1
マロウドインターナショナルホテル成田
Google地図 】 【 施設地図
お申し込み
琵琶湖 2017年
2月15日~18日
滋賀県守山市今浜町十軒家2876
ラフォーレ琵琶湖
Google地図 】 【 施設地図
お申し込み
満席の場合はウェイティングとして仮申し込みを承ります。  状況等詳細は、公開講座担当(直通 03-3287-3413)までお問合せ下さい。

関連事例

新たな商品をうみ出し続ける創造力・発想力を磨く取り組み「創造力開発講座」

雑誌掲載紹介(「地方自治職員研修」2014年8月号より)

雑誌「地方自治職員研修」2014年8月号で、政策課題のアイディア発散・収束に弊社プログラム「イノベイティブ・シンキング システム(ITS)」の手法を活用した事例が紹介されました

chihojitishokuinkennsyu_001.png

雑誌名     :地方自治職員研修 2014年8月号 出版社名  :株式会社 公職研    ※株式会社公職研の許可を得て掲載。無断転載・複製を禁じます。

 

関連ソリューション

アイディア実現に必須スキル。聴き手に行動を起こさせる発表力を養成します

革新的な思考・行動を取れる人材育成の為のITSのコンセプトを理解し、研修講師として実施するために必要な知識とスキルを習得します

Norton/Pマーク
ページの上部へ