ロジカル・シンキング研修

話がわかる。わかる話ができる。

期待される効果

  1. 不毛な会議、論点が不明確な議論から開放されます
  2. 相手の話に集中して、論点を正確に聞き取ることができるようになります
  3. 論理的・分析的に考えることで、整理された発言ができるようになります
  4. 相手を説得するための口頭表現力が身につきます

内容

論理的思考を高める上で、6つの手法を身につけます

  1. 分ける・・・情報のかたまりを何らかの基準で分けること
  2. MECE・・・情報のかたまりを漏れなく重複なく分けること
  3. ロジックツリー・・・MECEをもとに、複数の階層で情報を具体化していくこと
  4. マトリックス・・・複数の情報の位置関係をわかりやすく整理すること
  5. 演繹法と帰納・・・仮説を作り上げていく際の、論理的な筋道の形式
  6. ディベート・・・肯定と否定に分かれて議論し、その論理的優劣を競うゲーム

特長

logical_tokucho.jpg

実施例

対象者 一般社員から管理職クラスの方
実施ステップ ステップ 1 事前確認・お打合せ
ステップ 2 実施(2日間)

ご要望に柔軟に対応可能です。ご相談ください

スケジュール例

1日目 2日目
9:00
オリエンテーション
  • ロジカルシンキングが必要な背景
  • ビジネスシンキングとは

 

実習1「分ける」

講義・「分ける」ことの意味 練習「買い物」
「社員食堂のメニュー」

前日の振り返り

 

実習4「マトリックス」

 

講義
  • マトリックスの目的と効用
  • フレームワーク例PPM

 

実習5「演繹法と帰納法」
  • 講義・論理展開の道筋と留意点
  • 課題「演繹法・帰納法」
  • 「ゲーム機市場…このグラフから何が言えるか?」
10:00
11:00
12:00 昼食 昼食
13:00
実習2「MECE」
  • 講義・MECEの目的と効用
  • 練習「家電製品」
    「市場セグメントとターゲティング」
  • 課題「売上向上策」

 

実習3「ロジックツリー」
  • 講義・ロジックツリーの目的と効用
  • 課題「売上向上策」

 

リフレクション
  • 今日一日の気づきの整理
実習6「ディベート」
  • 講義・ディベートの目的と効用・三角ロジック
  • 練習 三角ロジック
  • 情報提供…ディベートの進め方の留意点
  • 課題「水木れい子さんのケース」
    講義・ディベートの現場適用

 

まとめ「アクション・プランの作成」
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00

 

関連ソリューション

社内外のステークホルダーとの協働体制をつくり、成果・結果を導くリーダーシッププログラムです

論理と感情の両面から聞き手に行動を起こさせるプレゼンテーション技法を習得します

Norton/Pマーク
ページの上部へ