フロー理論

「フロー理論」とは、心的エネルギーが100%取り組んでいる活動に注がれ、没頭している状態であり、「よどみなく流れるような」状態であることから「フロー体験」と呼んだ心理学の理論。フローの状態では、自分の能力を最大限に発揮し、難しい課題を困難と感じず、何をすべきかが明確に分かる。「フロー理論」は、ビジネス界での生産性向上に役立つ考え方としての期待から、高い注目を集めている。

BConは「フロー理論」の提唱者、M.チクセントミハイ博士(Mihaly Csikszentmihalyi, Ph.D.)クレアモント大学院大学教授を2014年11月招聘。WINセミナー「フローと人生におけるエンゲージメント」を開催。

関連ソリューション

「チクセントミハイ博士特別セミナー」(2014年11月WIN-seminar)

あなたも仕事でランナーズハイになれる!ビジネスにフローを取り入れ、楽しみと成長を同時に手に入れる方法

「チクセントミハイ博士特別セミナーレポート」
( 2014年BCon Info12月号)

いきいきした仕事に必要な3つの「E」とは?

 

Norton/Pマーク
ページの上部へ