キャリア開発運用

キャリア制度に基づき、社員が目指すべきキャリアを描けるようになります。
また、キャリア制度を運用していくための上司の関わり方が明確になります。

 

よくお聞きする課題・悩み

  1. 「5~6年目の優秀な若手人材が辞めてしまい、確保できない」
    • 「働いていても、自分のキャリアが全く見えてこない」「いろいろなキャリアを歩めるような会社に勤めたい」「自分の仕事の成果に見合った、適切な評価を受けられているのかがわからない」という理由で、優秀な若手人材がどんどん退職していってしまう。
  2. 「部下に成長してもらいたいが、育成が難しい」
    • 部下の育成が難しい背景には、「時間がない」と理由もありますが、実際は「部下が描いている将来像」が分からない、引き出せていないということも少なくありません。部下と目指す姿について共通認識を持ち、どのようにその目標に向かって育成するのかを具体的に落とし込む必要があります。
  3. 「社員は将来に不安を感じている、また業務が多忙で意欲が低下している…」
    • 働き方改革が叫ばれる一方で、人手不足で目の前の業務に追われる職場状況が続いています。自分の将来に不安を感じながら、ストレスフルな業務を続けていれば疲弊してしまいます。「自分がやりたいことは何か」「自分の強みは何か」「自分が周囲から期待されていることは何か」を踏まえ、自分の将来について描くことが必要です。個々人の継続的な意欲を繋げるためのポイントは、ありたい姿を「見える化」することです。

BConの特徴

様々な自己診断ツールを活用して自分自身の強みや特性を理解することができます。
弊社では様々な自己診断ツールを用意しています。自分自身の思考性を理解することができる「キャリア・ポテンシャル診断」、行動特性を理解する「LIFO」、徳性を理解する「VIA」診断、自己概念を理解する「ヒューマン・エレメント」、キャリア開発は自分を理解することから始まります。
多彩な講師陣
総勢74名のコンサルタントが社員として在籍しています。それぞれが多様な経験と実績を有しています。様々な対象の状況にお応えすることが可能です。
制度構築から運用・研修まで一貫した支援
制度は構築するだけでは浸透化を図れず、本来の目的を達成することはできません。制度の構築から運用・研修に至るまで一貫した考え方で軸をもっと取り組みです。弊社では74名のコンサルタントが社員として在籍しており、一貫したサービスを提供することが可能です。

取り組みの概要

運用ツールのアウトプットイメージです。

上司と部下との間でキャリア開発計画を検討するための面談ツール等を開発します。

 

運用ツール(面談シートなど)

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

 

上司向け研修内容例

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

 

 若手向けキャリア研修内容例

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

 

ベテラン向け

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

実績社数

BConは、1400社以上の人事制度コンサルテーションを実施しています。

 

全国でコンサルテーションの実施経験があり、実際の事例や制度構築のノウハウが組織に蓄積されています。大手~中堅民間企業、協同組合など、様々な業種・業界での実績を有し、組織規模も問いません。

関連ソリューション

 

仕事で高い成果を出すためのコンピテンシーの現状の発揮度合を診断するツールです

人の強みに焦点をあて、強みを生かすためのプログラムです。自己のパフォーマンスを上げるために、強みを理解し、効果的に管理する

自分のイメージを明確に持つことで、自ら行動変容を起こします。また、自己成長を阻害する恐れや不安などの心理的メカニズムへの対処法を身につけます。

キャリア制度に基づき、社員が目指すべきキャリアを描けるようになります。 また、キャリア制度を運用していくための上司の関わり方が明確になります。

Norton/Pマーク
ページの上部へ