キャリア体系の構築

組織における多様な人材活躍の場を示すことができます。
成長の道筋を示すことで、優秀な人材の確保や計画的な人材育成に繋がります。

 

よくお聞きする課題・悩み

 

  1. 「5~6年目の優秀な若手人材が辞めてしまい、確保できない。」
    • 「働いていても、自分のキャリアが全く見えてこない」「いろいろなキャリアを歩めるような会社に勤めたい」「自分の仕事の成果に見合った、適切な評価を受けられているのかがわからない」という理由で、優秀な若手人材がどんどん退職していってしまう。
  2. 「若手が明確な理由もなくやめてしまう…」
    • 若手の傾向として、いまいる組織で、いまの職場で自分が成長できないと感じると、先輩や上司に何の相談もなく「辞める」判断をしてしまいます。定着率向上に向けて、大事なポイントは、将来に向けた成長の道筋を「見える化」することです。
  3. 「我社にどんな人材がいるか把握できていないから、人を有効活用できていない…」
    • 人が成果を上げていくためには、成果に向けた行動に変えていく必要があります。自社の人材に求められる能力を定義し、自社の人材の強みや啓発点を明確にすることが必要です。人材を把握し、有効活用していくためのポイントは、人材の能力を様々な視点から可視化することです。

BConの特徴

人事制度を変えるだけでなく、組織文化の変革を行うというアプローチ
組織の課題解決には、組織文化を変革していく必要があります。人事制度は、「ビジョン、戦略を実現するために人を動かす仕組み」です。 いくら仕組みを改定しても、組織の文化も変革していかなければ、適切な運用はなされません。BConの特徴は、人事制度の変革を通じて組織文化を変革していくアプローチです。
運用や浸透を見据えたプロジェクト運営
制度が構築されても、それを運用する人が成果物に責任をもって関わらなければ浸透は図れません。検討する過程で、どれだけ関係者を巻き込み、参画を促していくのかが成功のカギを握ります。
様々な業種・業界での実績
パッケージングしたプログラムの提供ではなく、様々な経験とノウハウで、貴社の状況に合った最適解をご提供します。どんな組織を目指すのか、現状にどんな組織課題があるのかによって導かれる制度は変わってきます。
制度構築から運用・研修まで一貫したサービス支援
制度は構築するだけでは浸透化を図れず、本来の目的を達成することはできません。制度の構築から運用・研修に至るまで一貫した考え方で軸をもっと取り組みです。弊社では74名のコンサルタントが社員として在籍しており、一貫したサービスを提供することが可能です。

検討のステップ

該当部門や事業部、または全社におけるマネジメント職とスペシャリスト職に向けたキャリア体系(求める人材像&人材要件およびキャリアルート)を明確にすることで、社員が何を目指してキャリア開発をしていけばよいのかを理解し、キャリアビジョンを描けるようにします。

 

キャリア体系が明確になることにより、上司にとっても、部下育成のポイントが明確になり、上司による効果的な人材育成とキャリア開発支援(ジョブアサインやOJT等)が実施できるようになります。

 

具体的なステップ

 

アウトプット

 

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

実績社数

BConは、1400社以上の人事制度コンサルテーションを実施しています。

 

全国でコンサルテーションの実施経験があり、実際の事例や制度構築のノウハウが組織に蓄積されています。大手~中堅民間企業、協同組合など、様々な業種、業界での実績を有し、組織規模も問いません。

関連ソリューション

30代後半を迎えるまでに「どのようなコンピテンシーを開発するか」、「どのような仕事をするか(経験)」がとても重要になります。成果を出すために必要なコンピテンシーを開発するプログラムをご翔紹介します。

組織における多様な人材活躍の場を示すことができます。成長の道筋を示すことで、優秀な人材の確保や計画的な人材育成に繋がります。

Norton/Pマーク
ページの上部へ