コンプライアンス総合診断

社内のコンプライアンス浸透状況について多面的・総合的に把握・診断するためのソリューションです。

アンケートをもとに、コンプライアンスの浸透状況を客観的に捉えます。他社との比較により、実践レベルを認識。ビジネスコンサルタント(BCon)とともに「サーベイフィードバック」を行うことで、調査結果をコンプライアンス浸透施策に活用することができます。

対象者

  • 全社員

サービス概要

期待される効果

「コンプライアンス総合診断」では、以下のような効果が期待できます。

 

社内のコンプライアンス浸透度を多面的に把握する

 

他社の診断結果との比較により、現在のコンプライアンス実践レベルを把握する

 

「サーベイフィードバック」により、現在の課題や、以降の取り組みの焦点を明確にする

特徴

  1. アンケートは、優良組織の特徴を研究して開発された診断モデルに基づく7分野・35項目の質問で構成。コンプライアンス浸透に関わる押さえどころを、客観的に把握することができます
  2. 見やすく、現状がわかりやすい結果報告書を、職場での実践活動のツールとして活用できます
  3. 研究に基づいた質問項目により、回答者への負担を抑えながら効率的に実施することができます

分野・35項目による総合的な診断

コンプライアンスの推進には、社内の課題や、浸透のボトルネックを明確にすることが重要です。

「コンプライアンス総合診断」に使用するアンケートは、優良組織の特徴を研究して開発された診断モデルに基づく、7分野・35項目の質問で構成されています。

多角的に捉えるための「7分野」とは?

変化への認識

社会からの期待や法律などといった外部環境の変化を意識しているか

リーダーシップ

コンプライアンスに関して(経営)リーダーシップを発揮しているか

経営理念と倫理基準

経営理念や倫理基準が従業員に浸透しているか

個人・人間

社員はコンプライアンスに対する意識が高いか

サポートシステム

ホットラインや教育の機会などの運用状況はどうか

組織文化

コンプライアンスを推進できる組織風土になっているか

活動の結果状況

活動の結果をどのように受け止めているか

直感的で分かりやすい結果報告書

コンプライアンス総合診断結果報告書
職場での実践活動のツールとして活用できる

アンケート結果をまとめた報告書は色分けされ、課題となるポイントが見つけやすく表現されています。

調査後に実施する「サーベイフィードバック」では、結果を確認するとともに、報告書をもとにした議論を行い、改善策を検討します。BConのコンサルタントがファシリテーションを担い、より効果的な議論をサポートします。

展開ステップのイメージ

お客様・BCon
  • 調査・診断の目的と進め方の確認:ヒアリングによる確認と共有
  • アンケート活用方法の確認:調査結果の報告対象や実施時期などを確認
  • 質問内容と分析方法の検討:調査の目的に応じた質問項目と分析方法を検討
    ※基本的な質問項目のほか、調査の目的や、重視するテーマに応じた質問項目を加えることも可能です(「ハラスメントについて」など特定のテーマによる設問、自由記入方式によるコメントの収集など)。
  • 調査報告書構成の確認
お客様
  • 社内関係各所への調整・案内:調査・診断の実施に向けた、関係部署等との調整
  • アンケートの実施:ウェブフォームまたは紙媒体での配布・回答
BCon
  • 結果分析:回収されたアンケート結果の集計、分析
  • 報告書作成:調査結果をまとめた報告書を作成
お客様・BCon
  • 経営幹部への結果の開示・報告書の提供
    ※部門・職位別にコメントを行い、比較することも可能です。
  • サーベイフィードバックの実施:報告書をもとに調査結果を分析し、現状を把握。議論を行い、改善施策を検討
お客様
  • 施策の実行:サーベイフィードバックでの議論から検討された施策を実行

このサービスに関心がある方は下記よりお問い合わせください。

コンプライアンス総合診断について相談をしたい