BConのコンサルタントとは?

コンサルタントは“組織人”として組織運営を実践していますコンサルタントは“組織人”として組織運営を実践しています

BConのコンサルタントは、「会社で組織人として仕事をし続ける」ことを自らに課しています。私たちのお客さまは「法人」であり、「組織人」です。人と組織のコンサルタントである以上、自らが組織運営を知らずになにも語れないと考えているからです。よって、独立コンサルタントとして個人で事業を行うのではなく、「組織人」と「コンサルタント」の二足のわらじを履いているのです。

BConのコンサルタントのキャリアフローBConのコンサルタントのキャリアフロー

そのため、理論が分かっていても効果的な行動ができないことがあることや、組織が理論どおりに動かないことも実体験で知っています。組織に起こるジレンマ、葛藤、わだかまり、誤解など、心のゆらぎを無視して成功がないことも実践して骨身に染みているからこそ、お客さま組織に起こりうる人々の抵抗や反発にも真剣に向き合っていく覚悟を持っています。

ご担当者さまが日々感じておられるような課題を自らも組織人として経験して、乗り越えてきたコンサルタント達だからこそ、机上の理論に留まらない実践的なノウハウをお客さま組織に提供できます。

二足のわらじのよいところ

自社・自職場=実践・検証現場

企業組織を自前で持っていることは、コンサルティングツールの開発にも、有効です。
学者/教授パートナーの方々から教えて頂いた最新の理論/テクノロジーを、実際にどのように企業に適応していくことができるのかについて、自社内で実践・検証の取り組みをすることができます。
自社展開をするときは、コンサルタントも一社員として取り組みを行います。この経験が、お客さま組織でのサービス提供に非常に役立っています。

人と組織の成長・変革・活性化を自らの喜びとするコンサルタントです人と組織の成長・変革・活性化を自らの喜びとするコンサルタントです

BConのコンサルタントは、自社内に自分の机はありません。空いた時間があるのなら、お客さま組織に足を運び対話をして、
都度変化する環境/状況に合わせたソリューションサービスを作り込み、提供することが大切であると考えているからです。

コンサルタントの役割コンサルタントの役割

人と組織の問題は、各社異なります。どのようにしたらお客さま組織が目指す方向へと進んでいけるのか、その姿をイメージし実現するために、“イノベーション・プロデューサー”として全力を尽くします。私たちは人と組織が変わっていく過程をご一緒し、お客さまが希望する状況へと変化していくことが何よりの喜びだからです。

そのため私たちのソリューションサービスはカスタマイズ提供を基本としています。ご担当者さまも自社変革に真剣に取り組まれる方が多く、一緒になって課題解決に向かえる関係がとてもありがたいです。

※イノベーション・プロデューサーとは・・・「企業の成長に求められるイノベーション(新規事業、組織変革、変革の推進、人びとの行動変容、つまり新たな価値創造のための”変革や革新”)をデザインし、実践し、期待する成果を得るための支援をする役割

コンサルタントの役割

場と道具の提供

コンサルタントは、決して主役にはなりません。人と組織の変革を行うのは、お客さま組織の社員自身だからです。つまり、取り組みの主役は、参加者1人ひとりです。
そのため、参加者が主役となる学習/経験の場を提供し、具体的に行動を起こせる道具(ツール)を提供していくことがコンサルタントの使命となります。
関わった皆さんが各組織や職場を舞台に主役となり、それぞれの所属の中で充実した人生を送る、新しい挑戦や成長にまい進する、チームとして組織として最高のパフォーマンスにつながるような状態ができることを見ることがコンサルタントの最大の喜びです。

チームコンサルティングでお客さま組織をサポートしますチームコンサルティングでお客さま組織をサポートします

BConは、積極的にコンサルタント一人ひとりを開示していません。コンサルタントは黒子であり、すべてのリソースを合わせてチームとして成果につなげることが最もお役に立つことであるという思いがあるからです。

組織的サポート体制組織的サポート体制

お客さま組織1社に対して少なくとも3人の担当者がつき、プログラム提供における相互チェックとブラッシュアップをしていきます。チーム効果を高めるために、社内では上下関係なく、徹底的に議論できる風土があり、お互いを高める機会を作り出しています。

チームコンサルティングのよいところ

専門性 × 専門性

コンサルタント同士もチームを組みます。課題に合わせて専門性を持ち寄り、プログラムデザインをすることで、多様なカスタマイズを可能にしています。
コンサルタントの財産ともいえるポケットノウハウを惜しみなく共有できる仕組みは、全員が正社員という組織への責任感を背景に作り上げることができています。
1人ではなしえないことを組織力で提供することが、BConのコンサルティング力の源です。

コンサルタントの想いコンサルタントの想い

BConのコンサルタントは100人のコンサルタントそれぞれが、代わりが利かないほど、それぞれに誰よりも精通した専門分野を持っています。そして、皆がそれぞれの分野からお客さまの新たな価値創造や成長を支援する“イノベーション・プロデューサー”機能を発揮しています。

こちらでは全員を紹介することはできませんが、BConのコンサルタントがどのようなコンサルティングを行っているか、どのような想いでお客さまに接しているかなどをご紹介します。それぞれの分野を得意とするコンサルタントの想いをご覧ください。

持続的成長

ビジョン・ミッション再構築 MDCVS浸透
〜ビジョン実現に向け個々人が所有感を持てるよう支援します〜

ビジョン・ミッション再構築  MDCVS浸透〜ビジョン実現に向け個々人が所有感を持てるよう支援します〜

最近、理念浸透や、理念を日常の仕事の中でいかに実践するかというご相談が増えています。理念をいかに「自分ごと」とするかがポイントになってきます。

そして、ビジョン共有(一部の人が作ったものをメンバーはそれを聞いて実践する、受け身)ではなく、共有ビジョン(一人ひとりの想いを共有し、そこから全社のビジョンを導く)を創造することも重要だと考えています。

そのためには社員が主体的に行動でき、自己組織化する力を高めることが必要となります。

BConはメンバーが相互作用を通し、主体的・自律的にビジョンを実現する状態を作り上げることを支援します。

サステイナブル推進
〜「持続可能」な自社の姿を描くサポートを行います〜

サステナブル推進〜「持続可能」な自社の姿を描くサポートを行います〜

現在の経済活動の在り方を継続すると地球環境自体が悪化の一途をたどり、企業の持続可能性は維持できません。企業が持続可能であるためには地球、経済、社会の3つのバランスをとった成長戦略を描く必要があります。

そこで、BConは現状から出発して将来を予測するフォアキャスティングではなく、持続可能な未来の条件を最初に考えるバックキャスティングによる戦略立案を推奨します。

特に将来の経営幹部は持続可能な自社の姿を描く力が求められると考えます。

持続可能な未来を手にするために今から何をすべきか、新たな商品開発、新たなサプライチェーンの在り方を模索するためのポイントを支援します。

新規事業・新商品開発
〜アイデア出しから商品化までをお手伝いします〜

新規事業・新商品開発〜アイデア出しから商品化までをお手伝いします〜

今、企業の成長戦略を支えるのは、新規事業創出、新商品開発、ビジネスモデルのリ・デザインです。

BConは、アイデア出しからビジネスプランにまとめ上げるためのスキルをプロジェクトメンバーに付与し、一連のプロジェクト内で具体的なアウトプットを出していきます。

最終的には役員へプレゼンテーションまでを支援し、GO・NO GOの判定を経てアイデアを現実化させます。

メンバーがスキルアップをすることで、その後はコンサルタントの支援なしにプランづくりができるようになります。

組織開発

組織文化変革
〜組織文化を変えるために、可視化から始めます〜

組織文化変革〜組織文化を変えるために、可視化から始めます〜

トップへの依存体質を変えたい、言われたことだけをやる風土を一新したい、もっとマーケットの変化に対して機敏に反応する組織にしたいなど、新しい戦略を動かそうとしたときに、これまでにでき上がった組織の体質が邪魔をして戦略が実行されないといった声をよくお聞きします。

それらを改善するために、まずは我社の社員は組織をどのように見ているのか、どんな組織にしたいのか、そのギャップを埋めようとしたら起こりうることは何かを可視化します。

そして、人々が変化に前向きになるよう、仕事を見直し、人々の気持ちを切り替え、仕組みを作るといった文化変革への仕掛けを、組織運営の実践家として支援します。

ダイバーシティ
〜一人ひとりが強みを活かせる組織づくりを目指します〜

ダイバーシティ〜一人ひとりが強みを活かせる組織づくりを目指します〜

ダイバーシティは、組織が長年培ってきた文化を大事にしながらも、多様性を受け入れ、組織がさらに発展していくための土壌づくりです。私たちはその土壌づくりのお手伝いをしています。

単に、女性管理職の数を増やすことがダイバーシティ推進の目的ではありません。「一人ひとりが強みを活かす組織づくり」の支援が、私たちのお手伝いの使命であると認識しています。

女性社員のキャリア形成支援やスキルアップだけでなく、管理職が多様性を受け入れるマインドセット(心構え)、全社員への働き方改革の意識づけ、制度設計など、真の目的を果たすためのソリュ―ションをご提供いたします。

業務改革
〜「自発的」に業務改善を行うことで成果に導きます〜

業務改革〜「自発的」に業務改善を行うことで成果に導きます〜

戦略が変わればタスクを変える必要性があります。外部環境の変化が激しい昨今、戦略の変更に伴う仕事の流れ・仕事そのものを変えていく業務改革のニーズも増えています。まさに業務のスクラップと新たなタスクのデザインが求められます。

しかし業務は個人が、自部門だけで変えられるものでもありません。関係者でプロジェクトを組み、業務の意義やオペレーションの見直しを行う必要があります。

BConは業務改革の枠組みや進め方などをプロジェクトメンバーへ付与します。

仕事の意味の問い直し、業績への貢献度を加味し、業務の「ヤメル・キル・ステル」の概念的なサポートから、変革に抵抗する心理の対応なども含め、組織変革を支援します。

人材開発

マネジメント強化
〜「情」と「理」のバランスが鍵になると考えます〜

マネジメント強化〜「情」と「理」のバランスが鍵になると考えます〜

BConはもともと「日本のマネジメント教育に変革を起こそう」という志から設立されています。私たちは、組織はマネジメント層が鍵になると考えています。ところが、今日のマネジメント層の多くが実務を兼務する「プレイング・マネジャー」です。忙しい中で最大限の成果を上げることと、限られた時間の中で部下育成やチームマネジメントを行う必要があります。

昨今はマネジメントに唯一絶対の正解がない中で、状況に合わせてマネジメント理論を使い分けて対応していく柔軟さが求められます。

合わせて「この人についていきたい」と思われる人間力の向上も求められます。
マネジメントのノウハウと共にマネジャーの人間力向上を様々なアプローチでご支援させていただきます。

次世代リーダー育成
〜自社の将来を本気で考える機会が次世代リーダーを育てます〜

次世代リーダー育成〜自社の将来を本気で考える機会が次世代リーダーを育てます〜

今日の企業が実践している成長戦略はM&A、新事業の構築、新たなビジネスモデルのデザインです。次世代のリーダーにはこれらをデザインする能力が求められます。また、それらを実践する際には、多くの人々を巻き込み、リードする人間力も求められます。次世代リーダー育成においては、ビジネスとリーダーシップの能力開発を同時に取り組んで行きます。

中堅・若手育成
〜研修だけでなく環境を整えることにも力を入れています〜

中堅・若手育成〜研修だけでなく環境を整えることにも力を入れています〜

私は、若手・中堅・職場リーダーの方々の育成を担当する機会が多くあります。お客様から、最近の若手は「ゆとりだから…」「メンタルが弱い」「何を言いたいのか分からない」など多くの悩みをお聞きします。そのため、「レジリエンス(再起力)」「コミュニケーション」「ロジカルシンキング」など様々な能力開発のご依頼を頂きます。

しかし、本人達のスキルの問題だけでなく、育ってきた環境や職場状況から若手が育ちにくい環境に陥っているケースもあります。

職場の上司・先輩とともに、本気で若手社員を育てていく姿勢が、将来を担う輝ける若手社員を育てていける企業だと思います。

BConでは、職場全体を巻き込み育成を図る仕組みや取り組みもご支援させていただきます。

グローバル
〜世界各国のパートナー企業との協働が可能です〜

グローバル〜世界各国のパートナー企業との協働が可能です〜

急速なグローバル化が進む中、現地へ赴く日本人のマインドセットと併せて、早急な現地法人マネジャー・スタッフの育成が求められています。また、現地人材の定着率の向上に頭を悩ませていらっしゃるお客さまのお声もよく聞きします。

BCon社員の多国籍コンサルタントは異文化コミュニケーションやグローバル拠点でのマネジメント研修をサポートさせていただけます。

また、中国・韓国に関連会社を持ち合わせているとともに、世界各国のパートナー会社と提携していることから、グローバルにサービス提供をすることが可能です。

組織戦略上のグローバル化にどのように対応するか、BConがもつ全世界のネットワークを貴社の成長にお役立てください。

人材マネジメント

人材マネジメント(HRM)
〜「わが社らしさ」を大切にしています〜

人材マネジメント(HRM)〜「わが社らしさ」を大切にしています〜

BConでは採用・配置・育成・活用・退職の一連のフローの中で人的資源の付加価値を高める支援をしています。人事制度改訂(等級・評価・賃金)、アセスメント、教育体系構築等の取り組みは、その付加価値を高める一つの手段として捉えています。

今のキーワードは「わが社らしさ」です。人事制度が組織に及ぼすインパクトは全社員に及びます。よって取り組みは慎重に行う必要があります。

それは「変えるべきもの」「変わらないもの」「変えてはならないもの」が各組織によって異なるからです。

その会社本来の強みを毀損することなく、更なる成長に貢献する仕組み作りをお手伝いします。

営業力強化

営業力強化
〜お客様と共に本質的な価値提供を追及します〜

営業力強化〜お客様と共に本質的な価値提供を追及します〜

「これまでの通りの営業活動ではとてもお客さまの要望に応えられない・・・」そんな危機感を経営者や営業責任者の方からお聞きします。

情報化社会の現代、お客様の方が情報をお持ちのことも多く、ご要望が多岐に渡るからです。今求められているのはテクニックだけではなく本質的な価値の提供・根本的な考え方の変革です。

しかし、「わかっちゃいるけど変えられない・・・」そんなジレンマを現場は抱えています。

BConは研修会場だけではなく現場の会議室で一緒に考え、実践に結びつけるお手伝いをさせて頂いています。

各分野のプロフェッショナルが、課題ごとにサポートします各分野のプロフェッショナルが、課題ごとにサポートします

BConのコンサルタントはお客さまごとに固定して担当しているわけではありません。
営業担当がお客さま専属の窓口を務め、お客さまの課題ごとにその分野のプロフェッショナルコンサルタントと連携をします。
それぞれの分野で深い知見と豊富な実績を持つコンサルタント達が、チームでお客さま組織の課題解決を全力でお手伝いいたします。

お客さま組織の課題をその分野で実績のあるコンサルタントが担当。それにより、その分野のさまざまな情報を元に個々の課題を解決していくことが可能になります。お客さま組織の課題をその分野で実績のあるコンサルタントが担当。それにより、その分野のさまざまな情報を元に個々の課題を解決していくことが可能になります。

チームコンサルティングでお客さま組織の変革推進を支援しますチームコンサルティングでお客さま組織の変革推進を支援します

お客さま組織の課題をその分野で実績のあるコンサルタントが担当。それにより、その分野のさまざまな情報を元に個々の課題を解決していくことが可能になります。お客さま組織の課題をその分野で実績のあるコンサルタントが担当。それにより、その分野のさまざまな情報を元に個々の課題を解決していくことが可能になります。

BConのコンサルタントのイメージは伝わりましたでしょうか。
もし「こういうコンサルタントはいませんか?」
「こういう分野のコンサルタントはどういうサポートをしてくれますか?」など
ご質問・お問い合わせがございましたら、下記よりご連絡をお待ちしております。

まずはご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.03-3287-3421TEL.03-3287-3421

9:00〜17:30(土・日・祝日、年末年始を除く)

ページの上部へ