「テレワーク・エンゲージメントプログラム」 オンライン型公開講座

「テレワーク・エンゲージメントプログラム」

オンライン型公開講座開催

 

サービス提供背景

新型コロナウイルス対策としてテレワークを選択する企業が増えています。

 

テレワークを進めることで、業務の進捗共有については従来より多くの時間を取れている反面、メンタル面の不安を解消する機会がテレワーク実施前と比べて減っている。それに伴い、社員のエンゲージメントや生産性の低下を懸念する声を企業の経営者や人事担当者から聞くことが増えています。
そこで株式会社ビジネスコンサルタント(BCon)では、在宅勤務中の社員を対象に、生産性の向上を目的にエンゲージメントを高めるためのオンライン型公開講座「テレワーク・エンゲージメントプログラム」を提供することにいたしました。

 

参加者同士の対話を組み込んだオンライン受講となるため、感染症のリスクを避けながらも、より効果性の高い学習が可能です。

 よくあるお悩み

  テレワーク特有の職場の問題として、以下のような声が挙がっています。

 ・在宅では仕事に集中できる環境が整備しづらく、できる仕事が限られる。

 ・上司や職場の同僚と気軽に話しづらく、相談もタイムリーにできず孤独を感じる。

 ・テレワークになり、会社や職場に貢献できていないため無力さを感じる。

 ・いつまでテレワークが続くのかという漠然とした不安を感じる。

 

  テレワークにおけるコミュニケーションが効果的でない職場では、ネガティブな感情が増大し、不安、戸惑いから生産性が低下してしまいます。

 

 生産性の低下を起こさないために、ポジティブな感情が高まるようにする必要があります。

講座のねらい

学習方法

オンライン協調学習

オンライン会議システム(Zoom)を活用することで、他の参加者とのやり取りを通じて学ぶことができます。

個人学習にはない「参加者同士の対話」が、より深い理解を助けます。

 学習内容

 

参考:「組織の成功循環モデル」
    マサチューセッツ工科大学 ダニエル・キム教授

 

1.オリエンテーション

   ・テレワークにおけるエンゲージメントの向上

   ・テレワークエンゲージメントの4フェーズ

 

 2.フェーズ1 関係の質を高める 

   ・心理的安全とは何か

   ・テレワークでオープンに話し合うためのガイドライン

 

 3.フェーズ2 思考の質を高める 

   ・レジリエンスとは何か

   ・思考の柔軟性を高めるポイントとは

 

 4.フェーズ3 行動の質を高める 

   ・テレワークによる仕事の価値を再定義する

   ・モチベーションを高める仕事の要素とは

 

 5.フェーズ4 結果の質を高める

   ・活動プロセスからの学び方・生かし方

   ・まとめ(学びの整理・共有)

 

 

開催要項・お申込み

開催地・日程 費用 お申し込み

2020年

 

5月18日(月)
13:30~16:30

終了しました

 

5月26日(火) 
13:30~16:30

申し込み締め切りました

 

6月3日(水)
13:30~16:30

 

特別価格¥5,000-/人
表示価格は税抜き価格です

entry_short.jpg

※各日程共に、学習内容は同じです。

※各日程の定員は50名となります。(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます)

※各日程、開催2営業日前の17:00に申し込みを締め切らせていただきます。

※ご参加は1開催あたり1社5名様までとなります。

お問い合わせ

株式会社ビジネスコンサルタント
セミナー事務局
Tel: RSF_shien@bcon.co.jp (平日9:00~17:30)

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ