「ソリューション営業力強化プログラム(入門編)」オンライン公開講座

「ソリューション営業力強化プログラム(入門編)
ソリューション営業力強化プログラム(入門編)

 

オンラインで学ぶ「営業の基礎」

在宅勤務が進められるなか、営業職は「顧客企業への訪問ができない」「WEB会議システムなどの環境が整っておらず商談ができない」といった状況が続いています。

 

そして営業職の新入社員についても、例年であればすでに配属先が決まり現場に出られる時期にも関わらず、在宅勤務を余儀なくされている企業が多く見受けられます。

 

オンライン公開講座「ソリューション営業力強化プログラム(入門編)」は、そうした企業での新入社員育成を支援するプログラムです。

 

本プログラムでは、5日間のオンライン学習で「営業活動の基礎」を学びます。在宅勤務中の新入社員が受講することで、配属先でのOJT実施が難しいこの期間を有効に活用していただくことができます。

今すぐ申し込む

本プログラムのねらい

① 営業パーソンとして営業の心構え(使命や目標)について学ぶ

② 営業マーケティング思考や顧客理解のスキルを身につける

③ ターゲット顧客への有効なアプローチスキルを身につける

※ 本コースはオンラインコースであり、場所を選ばず学習することができます。

学習方法

「オンライン協調学習」「オンライン自己学習」のふたつのスタイルを組み合わせて学ぶことができます。

オンライン協調学習

オンライン会議システム(Zoom)を活用することで、他の参加者とのやり取りを通じて学ぶことができます。

個人学習にはない「参加者同士の対話」が、より深い理解を助けます。

Zoomによるオンライン研修のイメージ

 

オンライン自己学習

「オンライン自己学習」とは、動画などのコンテンツを活用し、参加者がそれぞれのペースで学習を進めるスタイルです。

本プログラムではすべてを個別に行うのではなく、決められた実施日・スケジュール(時間割)をペースメーカーとして学ぶことができます。学習プラットフォームとしてCrossKnowledge社のBlendedxを活用しています。

 

セミナー内容

ソリューション営業に必要なプロセスを、12のBOXのプログラムに分けて整理しました。本プログラムは、この12のBOXの中の6つのプログラムに焦点を当て、デザインした内容となっています。

 

ソリューション営業に必要なプロセス

 

オンラインだからこその利点、“非対面でやりとり”を活かし、今に適応するソリューション営業力を開発するための情報提供を致します。

 

■1日目

BOX1 目的・目標設定

営業とは何か?/自社の営業の役割/業績向上の方程式/営業活動の基本/営業活動のPDCA/セールスにおける強みの確認

BOX2 自社理解

自社理解とは?/自社の上位方針/3C分析(顧客、競合、自社)/会社案内の作成/自社の強みは何か?

◎課題作成:会社案内のトーク作成/自社の強みは何か?

 

■2日目

BOX3 マーケティング思考

営業活動におけるマーケティング思考とは何か?/顧客理解とは何か?/市場の細分化/自社のお客様について考える/ポジショニング

 

■3日目

BOX5 アプローチの基本

さまざまなアプローチ方法/アプローチのかけ方・トーク例/アプローチのコツ/アプローチトーク活用/アプローチのロールプレイング

◎課題作成:ターゲット企業へのアポイントトーク作成

 

■4日目

BOX6 初回面談

面談とは?/初回訪問の目的(自分⇒会社⇒商品を売る)/効果的な面談の進め方/お客様に合わせたアプローチ方法とは?/初回面談のロールプレイング

◎課題作成:初回面談のシナリオ作成

 

■5日目

BOX7 ヒアリング

ヒアリングの目的/ヒアリングの方法と内容/顧客のニーズ/傾聴力の強化/共感力の強化/質問力の強化/ヒアリングのガイドライン

◎課題作成:ヒアリング項目の作成

開催要項・お申込み

開催地・日程 費用 お申し込み

【オンライン】

2020年

5月11日(月)~15日(金)
9:00~17:00

申し込みを締め切りました

【オンライン】

2020年

5月18日(月)~22日(金)
9:00~17:00

申し込みを締め切りました

【オンライン】

2020年

5月25日(月)~29日(金)
9:00~17:00

申し込みを締め切りました

※各回定員 50名
※お申し込みの状況により、期日前に募集を終了する場合があります

 

お問い合わせ

株式会社ビジネスコンサルタント
セミナー事務局
Tel: RSF_shien@bcon.co.jp (平日9:00~17:30)

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ