「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」ダウンロードページ

「サステナブル・ブランド 国際会議2020横浜」(2020年2月19・20日)のブレイクアウトセッションとブースにてご紹介いたしました「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」の資料を無料でお配りしています。

 

Future-Fit ビジネス・ベンチマークとは

「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク」とは、サステイナブル経営に取り組む企業のパフォーマンスを、環境・社会・経済を包括する視点から評価するためのKPIツールです。

 

無料でダウンロードできる「メソドロジーガイド」では、Future-Fit ビジネス・ベンチマークの基本的な考え方とKPIの概要をご説明しています。

 

どんなふうに活用できますか?

Future-Fit ビジネス・ベンチマークを使って企業のパフォーマンスを評価することで、ビジネスの言葉で、サステイナビリティを理解することができます。

具体的には、マテリアリティ分析、長期的で野心的なサステイナブル目標の設定、数値による進捗確認などに活用できます。Future-Fit ビジネス・ベンチマークは、企業がサステイナビリティの取り組みに多くの人々を巻き込み、組織的な成果を出すことを助けます。

 

活用の実績や注目度は?

「SDG Compass(SDGsの企業行動指針)」では、「SBT(サイエンス・ベースド・ターゲット)・イニシアティブ」と並ぶ、事業目標設定のツールの1つとして紹介されています。

国連グローバルコンパクト、ダボス会議などでも「企業が本気でサステイナブル経営にかじを切る際の強力なツール」として関心を集め、すでにボディ・ショップ、ノボ・ノルディスクといった企業で活用されています。

 

どんな考え方に基づいていますか?

このツールは、英国のNGO Future-Fit財団が、サステイナビリティに先駆的に取り組む企業・団体とともに開発しました。サステイナビリティの科学的定義とシステム思考をベースとしています。

 

Future-Fit ビジネス・ベンチマークを導入・活用するには?

株式会社ビジネスコンサルタントは、日本で唯一のFuture-Fit財団認定パートナーです。日本国内での普及を進めるため、Future-Fit ビジネス・ベンチマークに関する一連のガイドブックの日本語翻訳を担当しました。

Future-Fit ビジネス・ベンチマークの活用方法について、ぜひご相談ください。

お問い合わせは以下のフォームから承ります。

 

「Future-Fit ビジネス・ベンチマーク メソドロジーガイド」は以下から無料でダウンロードできます。

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ