【新講座】eラーニング:働き方改革時代の管理者を支援!新規コースをリリース

働き方改革時代の管理者を支援する、新規eラーニングコースをリリースしました。

「21世紀のタレントマネジメント」では、現代の職場がテクノロジー/経済のグローバル化/労働力の本質的変化(高齢化・労働力不足等)によって大きく変化する中で、組織はいかに人的資源と向き合うべきかを南カリフォルニア大学(マーシャルビジネススクール)教授であるエドワード・ローラーが様々な観点から示しています。

「機敏な組織を設計する」では、これら変化に対応していく上での組織にとっての必須項目“機敏性”について、南カリフォルニア大学(組織効率化センター)教授であるクリストファー・ウォーリーが様々な企業事例を交えながら解説しています。

新しいコースのご案内

21世紀のタレントマネジメント

21世紀のタレントマネジメント

デジタル時代には、良好な職場環境や高給だけでは優秀な人材を獲得し定着させることはできません。本コースでは、従業員の満足度を確保しモチベーションを高めるタレントマネジメントの考え方について学習します。

21世紀のタレントマネジメント

機敏な組織を設計する

機敏な組織を設計する

21世紀の企業は、変化を受け入れるだけではなく、変化を促し高い機敏性を持った組織になる必要があります。本コースでは、企業がこうした目的を達成できるよう、変化に応じた取り組みや組織設計について学習します。

機敏な組織を設計する
21世紀の好業績チーム

21世紀の好業績チーム

優秀な人材を加えるだけでは、成功するチームは作れません。マネジャーは、チームの枠組みから定義する必要があります。 本コースでは、各々のメンバーが全体の結果に対する責任感を共有しながら、目的に注力する方法について学習します。

21世紀の好業績チーム
モチベーションを支える基盤

モチベーションを支える基盤

無理に相手を変えようとせず、部下の強みを生かし、業績と満足度を両立させるにはどうすればいいでしょうか?本コースでは上司が部下の才能を見抜き、各人のタイプに合わせて人間関係を築くという方法を学習します。

モチベーションを支える基盤
新しいコースの他、目的や課題に合わせたeラーニングのコースをお探しの場合はこちら
eラーニング コース案内

BConの eラーニングについて、詳細はこちら
BConの eラーニング
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ