海外現地法人「人」と「組織」の変革 

海外現地法人の人材を育たないのは、マネジメントスタイルの問題?!

 

海外の現地法人のトップとお話すると

 

・将来に向けた事業の種まき(夢のあるビジョン)ができていない

・現地スタッフに経営やマネジメントを任せたいが、任せられる人が育っていない

・幹部を育成するための海外人材のアセスメントをしたい

 

というお悩みをよくお聞きします。

 

上記のような経営者・事業管理者の皆様のニーズや現地トップのお悩みの背景には、これまでの日本企業のグローバル進出のマネジメントスタイルが大きく影響しているように感じます。つまり「考えるのは日本人」「指示通り仕事するのが現地スタッフ」というマネジメントです。

 

過去数十年間で現地スタッフを育成し、現地化を試みてきたと言うものの、実態は日本人駐在員が日常業務まで入り込んでいるという企業が少なくありません。結果、現地スタッフの自主性は衰え、成長や活性化、変革の機会を失ってきたという状況があります。

 

この状況を打破するために必要なことは、日本人と現地スタッフが協働して組織運営を変えていく取り組みです。現地スタッフを幹部登用していくためには、対象となる方々を教育することはもちろん重要です。しかし同時に、日本人幹部のマネジメントに対する考え方と行動を改め、日常の業務の進め方を変えない限り、組織活性化や組織変革、自律して学習・成長する組織文化を根付かせることはできません。仕事の進め方や、評価制度の運用、部下育成のあり方、日々のコミュニケーションの仕方など、日本人幹部が現地スタッフの行動に大きな影響を与えている局面は数多く存在するのです。

 

親会社幹部と現地法人の日本人・現地スタッフ、そしてBConコンサルタントが一丸となって、上記のような課題に取り組むことで、日本人と現地スタッフが学習・成長し、結果、組織文化が変革していく取り組みがいま注目されています。

 

弊社は、東南アジア・東アジア各国で日本人コンサルタントと現地のコンサルタントがタッグを組み活動しています。

年内には、タイのバンコクにBCon SEA(東南アジア地域統括会社)を設立します。東南アジア~東アジア一帯の組織に対して、「人」と「組織」に関わる弊社のノウハウやテクノロジーを、現地のコンサルタントが各国の言語で提供できるようになります。

 

個社別無料相談のご案内

BConは、今年タイ・バンコクに東南アジア地域統括会社を設立し、東南アジア~東アジア一帯の人と組織に関わるお手伝いが現地のコンサルタントが各国の言語で提供できるようになります。

今回は、東南アジア地域統括会社の代表が、海外拠点の課題についてのご相談をお受けする機会を設けました。

 

ウェブ会議システムを利用しての実施となりますので、お気軽にお申込みください。

 

現地法人・拠点を活性化したい

・現地法人を生産拠点からサービス拠点、開発拠点、マーケティング拠点へと変革を図りたい

・現地スタッフを育成し、マネジャー、幹部候補に育てていきたい

 

など、海外拠点の活性化や人材育成にお悩みの組織は、お気軽にお問い合わせください。

概要

開催日程 ご希望日程をおうかがいした上で、調整いたします。
時間帯 【1】9:30~10:30【2】11:00~12:00【3】13:00~14:00【4】15:00~16:00 
相談形式

弊社の海外拠点と貴社応接室をウェブ会議システムでつなぎ、ご相談をお受けします。 

お申込み


  • メールマガジン登録
  • 社内トレーナー支援
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ