「2020年以降の教育体系を考える」 無料セミナー 【東京】

東京五輪が開催される2020年をきっかけに「教育体系を見直したい」とお考えの、
経営幹部、経営企画、人事・人材開発部門の皆様へ

「2020年以降の教育体系を考える」 無料セミナー

 

 

2020年の教育体系づくりの課題

東京五輪というビッグイベントが開催される中で例年通り教育研修を行うことはできるのだろうか?

 

最近多くの人材開発部門から、2020年以降の教育体系の作り方についてご相談を受けます。特に五輪開催中は、ボランティアとして参加する社員も想定される中研修時間の確保することが難しくなることや、外国人観光客の増加による研修会場・移動手配が難しくなることが予想されます。

 

また、今後の労働環境を考えても人手不足による研修時間の確保の難しさやテレワーク・時短勤務といった多様な働き方をする社員に合わせた学習機会の提供といった課題もでてきます。

 

このようなことから、今までの集合研修を中心とした教育体系では、これからの時代に対応できなくなっています。一方で、各種デジタル技術の向上などにより、集合研修だけではなく様々な形で教育を提供することができるようになりました。

 

今後は、最小のインプットで最大の効果を引き出すための施策をうつ必要があります。そのためには各階層の人材育成の方向性をデザインし、それぞれの階層に応じた学習と実践の場を検討することが求められます。

2020年以降の教育体系のポイント

各階層でデザインされる【学習と実践】

 

セミナー内容

開催概要・お申し込み

 

開催地・日程 住所

■東京

 

2019年

2月4日(月) 14:30~17:00

2月21日(木) 10:00~12:30

3月12日(火) 14:30~17:00

3月20日(水) 10:00~12:30

弊社東京セミナールーム
千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー18F


地下鉄東西線「大手町」駅から徒歩3分
JR「東京」駅 日本橋口から徒歩3分【地図

※定員は20名です。
※1組織3名様以内でのご参加をお願いします。
 
entry_short.jpg
 
 
 

お問い合わせ

株式会社ビジネスコンサルタント
無料セミナー事務局
Tel :03-3287-3446(平日9:00~17:30) 

関連ソリューション

組織内で人財開発を進めていく際のデザインの仕方についてご案内します。人財開発担当者の役割強化につなげます。

「わかりやすさと使いやすさ」「世界標準の高品質なコンテンツ」「幅広いニーズに応える学習デザイン」を特徴としたeラーニングです。提携しているクロスナレッジ社(本社:フランス)が世界の著名なビジネススクール教授陣と共同開発したコンテンツを、弊社がより日本向けにローカライズしたものです。

ビジネス用語の理解から、戦略・財務・マーケティング等の基礎知識の習得まで網羅したeラーニングです。シミュレーションによる疑似経営体験を通じて、実践型の学習が可能です。

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ