BCon Info 4月号 「既に起こった未来」を探してみるということ(2)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/ 4/ 27 ━━━┓
  ◆ 「既に起こった未来」を探してみるということ(2) ◆
┗━━━━━━━━━━━━━  BCon  Information  ━━━┛

おはようございます。BCon萩原です。
4月はいつもに増して、沢山との人との出会いがあります。

BConに入ってくる新入社員、新人研修会の講師として仕事をする中でお会い
するお客様先の新入社員、それを支える人事や事務局の方々。
それ以外に、大学の教授や、京都の僧侶、新しく山梨で事業を立ち上げた
方など自分から求めて出会いを作ってみました。
お会いする方々と直接お話することで多くのインスピレーションが生まれ
今はとてもワクワクした気持ちで、新しい行動を起こそうと考えが頭を
めぐっています。

これまで出会ってきた方々とはFacebookでつながって、近況を知ること
はできますが、リアルに会って対話することとは次元が違うのだなと
改めて感じました。

前回に引き続き、私なりの観点で「環境変化」についてご紹介いたします。
第2回目はインターネット時代が「信頼・信用」に与える影響について
考えてみたいと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆ After Internet時代の社会変化 ◆  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さんもすでに体験しているように、デジタル化とインターネットが社会と
経済を大きく変えています。
MITメディアラボ 伊藤譲一所長が4年前にされていた講演会で
「AI(After Internet)の21世紀は、BI(Before Internet)の20世紀と
異なり、『新しい原理』が働く社会となった。」
とおっしゃっていたことがとても印象的だったのですが、まだ当時、私には
その真意をつかみきれていませんでした。

インターネットが普及し始めた時、Wikipediaなど無償で様々なことを調べる
ことができたり、無料でGoogleの検索ができたりして、とにかく「タダ」で
できる事が増えたのに驚きました。

そして、現在はスマートフォンの普及によってビジネスモデルがさらに進化して
います。その中でも特に「シェア」がビジネスになっているという点に注目
したいと思います。
いわゆる「シェアリングエコノミー」です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆ 知らない人からモノを借りられる?◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

シェアリングエコノミーというのは、場所・乗り物・モノ・お金などの
遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人および集団間で
賃借や売買、交換することでシェアしていく新しい経済の動きのことです。
これによって、何かを貸して稼いだり、買わずに借りて済ませたり、捨てずに
売ったり、安く買ったりすることができるようになりました。

レンタルと違って、次のようなモノを個人間でやり取りするところに特徴が
あります。

物のシェア:おもちゃ・服・フリマ
場所のシェア:民泊・ルームシェア・駐車場
移動のシェア:ライドシェア・カーシェア
リソースのシェア:スキル・労働力・お金(個人間融資)

それにしても、どうして知らない人同士でモノを借りたり、貸したりできる
のでしょうか?
まだ私個人としては、会社の同僚や学生時代の友人ぐらいまでの貸し借りが
限界ですが、インターネット上には「信頼・信用」の新しい形ができつつある
ようです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◆ 信頼・信用の新しい形 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

これまで、何かモノを買ったり、サービスを活用したりするのに、信頼の指標は
「東証一部上場」や「大きな有名企業」でした。
あそこは老舗だから、あそこは有名だから、みんな使っているから大丈夫と
考えて行動していました。
例えば、インターネットのプロバイダを選ぶ時も、あそこは大手で老舗だから
道端でルーターを配っているベンチャーよりも信頼できるだろうという具合です。
つまり大きいほど、歴史が長いほど、有名なほど信頼される世界でした。

それが今はOnlineで確認できる信頼に変容しています。
例えば、Amazonで中古書籍を購入するとき、出品者一覧が表示されます。
商品価格や書籍のコンディションが良いかどうかも考慮に入れますが、私が
一番にみるのは星の数です。
要は、どれだけ高い評価をユーザーからもらっているのか?ということです。

利用者からの評価やレビューによる相互評価で信頼ができあがる時代に入って
きたようです。
特にスマートフォンを通して、ソーシャル・ネットワークが拡大し、GPSで
今どこに誰がいるかといった情報が分かるようになって、供給とニーズが即時に
マッチングできるようになった今、ますます新しい「信頼・信用」を礎に
シェアリングの経済が大きくなってくることが予想されます。
さらに、ブロック・チェーンという「個人間による価値と価値の交換の仕組み」
がより技術的に身近になるとビジネスの在り方は今想像できる範囲を超えて
いくんだろうな・・・と感じます。

人が成長していくために必要なコミュニケーションはネット上だけでは不十分で
リアルな人との出会いが欠かせないのですが、ビジネスをどのように考え、
価値や信頼をどのように創り出していくのかを考える上でAfter Internet時代の
新しい原理は何なのか、これからも追いかけていきたいと思います。

back number
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ