BCon Info 1月号  実践家の言葉から学ぶ「バックキャスティング経営」【1】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/1/23 ━━━━┓
 ◆実践家の言葉から学ぶ「バックキャスティング経営」 【1】 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━  BCon Information  ━━━━┛

早いもので、もう今年に入って1カ月たちます。年始早々、たくさんの企業経営者が変革のメッセージを出していますね。

私にとって強く印象に残ったのは、フォード・モーター社長兼CEOのジム・ハケット氏がお話しされたものでした。
フォードは渋滞に悩まされるようになった都市を人に開放し、「人々が集えるスマートシティ」に貢献するというコンセプトを打ち出しました。
「自動車にとらわれないで、モビリティによる豊かで、自由な生活を送ることができる都市」を目指すと明言しています。

昨年11月にオスロ市の視察に行った際には「Car-Free-City」を目指すという目標を自治体として掲げていたことに驚きましたが、ハケット氏の発言はこのような理想的な街づくりの考え方と私の中で結びつきました。

また「自動車業界も単なるEV化にとどまらない。AIやネットワークが結びつけられたスマートシティにおいては、自動車は道路を走る端末にすぎない」というメッセージが込められていると感じました。同社はスマートデバイス向けの半導体大手企業と提携し、クラウドを活用したプロジェクト“TMC(交通移動体クラウド)”構想をたてて、サービスビジネスを展開しようとしています。

私たちが当たり前に過ごしている都市の暮らしも急速に変わっていきそうですね。

今回から、昨年12月に開催したWINセミナー「~断絶の変化を越える~『バックキャスティング経営を実現するリーダーシップ』」のQ&Aセッションから変革を成功させた実務家の言葉をお伝えしたいと思います。

12月のWINセミナーではスウェーデンのオーラライト社でCEOを務められたマーティン・マルムロス氏を招へいしての講演会でした。
マーティン・マルムロス氏は、オーラライトを電球製造会社からエネルギー節約のソリューションカンパニーに変貌させた方です。今までの延長線上にはない、企業変革が求められている中、どのように企業がトランスフォーメーションを成功させていくのかとても注目を集めたセミナーとなりました。

back number
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ