機敏な組織を設計する

標準学習時間
2時間30分
カテゴリ

21世紀の企業は変化を受け入れるだけではなく、変化に対応できる組織にならなければなりません。
クリストファー・ウォーリーは、企業が現代の世界経済で生き残り、成功できるよう、「変化に対応できる」組織になる方法を紹介します。従来のやり方にこだわらず、変化を促し、機敏性を高めるような体制を整備する必要があると彼は主張します。

本コースでは、企業がこうした目的を達成できるよう、変化に応じた取り組みや組織設計に注目しました。

 

学習目標

  • 機敏性の定義と基礎について理解できます。
  • 「持続可能かつ効果的」とはどういうことか学習できます。
  • 機敏性を向上するためのリーダーの役割について理解できます。
  • 組織設計が企業の機敏性に与える影響について習得できます。

 ※画面イメージ

  

内容(Session)

  • 機敏性を促すリーダーになる(クイックウィン)
  • 機敏性とは?
  • 持続可能かつ効果的な業績を達成する
  • 機敏性を持つための戦略
  • 持続可能かつ効果的であるための企業統治
  • 柔軟な組織設計
  • 機敏な業務体制
  • 変化力を伸ばす

2講座+1ビデオを体験する

体験版に申し込む体験版に申し込む

  • オンラインデモを見るオンラインデモを見る
  • 相談してみる相談してみる
Norton/Pマーク
ページの上部へ