コーポレートシンボルマーク

ビジネスコンサルタントのコーポレートシンボルマークは
亀と地球をモチーフとしています

コーポレートシンボル

50周年の節目となる2013年4月に作成しました

コーポレートシンボルマーク ~“亀”に込めた想い~

BConが大切にしている価値観や考え方は「亀の精神」として全社員で共有しています。

亀は昔から縁起物とされています。「鶴は千年、亀は万年」という例えから「長寿」の象徴といえ、ウサギとカメの寓話では確実に歩を進めることで勝利を手にします。
また野生の亀は贅肉が少ないと言われています。

これら亀の逸話とBConが大切にしている価値観や考え方が一致することから、亀をシンボルマークに採用しています。

BConが"亀"に込めた想いは次のようなことです。

「亀は万年」という言葉に象徴されるように
ゆっくりでも成長し永続する組織でありたいと考えています

  • 人はそれぞれの人格を持った存在であるため、BConでは人材をリソース(資源)としてとらえるのではなく、キャピタル(資本)としてとらえています。社員をひとりひとりの人間として尊重し、各自の働く喜びや生きる幸せを願って組織運営を行っています。
  • BConは人と人を結びつける接着材になる信頼関係を非常に重要だと考えます。ゆえに、人間関係を大切にし、手間暇かけて育てます。ゆっくりではありますが、成長し永続し続ける組織であるためには重要なプロセスであると考えています。

亀のように一歩ずつ確実に歩を進めることを大切にし
小さくても確実に前へ進む会社にしたいと考えています

  • BConはマンモスやゾウのような大きな組織・会社は目指しません。「山椒は小粒でもピリリと辛い」「加賀百万石ではなく、一騎当千の柳生藩になろう」という考え方を大切にしています。お客さまに提供するサービスの質・価値を高く保つためにも、少数精鋭の組織運営を行っています。
  • BConは営業が直接お客さまを訪問することを大切にしています。お客さまに真摯に向き合い、ご支援をさせて頂くために必要なことだと考えているからです。ありがたいことに、お客さまがBConをご紹介くださり、口コミで広めて下さることが多くあります。BConは地味でも 確実な歩みを大切にしています。

野生の亀には贅肉がないと言われます
BConでは、全社員が勤勉に働き生産性を上げようと努めています

  • 「野球は9人で仲良くやるものではなく、1人でやるんだという意識の人間が9人協力して初めてプロ集団のチームワークになる」という考えのもと、BConでは社員ひとりひとりが自律的に働きます。かつ、必要な時には他者の援助を受けられる組織人に必要な相互依存能力も磨くよう全社員が努めています。
  • BConでは社長を筆頭に管理職全員がプレイング・マネジャーとして活躍しています。誰もが生産性を上げることを意識し、迅速な判断と機敏な行動ができる組織体制を創り上げています。

亀の甲羅はグローバル社会で活躍できる組織や人づくりの支援をするという想いを込め、「地球」をデザインしています。当社のミッションである「卓越した人材」の育成、「競争力あふれる健康な組織」づくりに対するベストソリューションを提供し、〝働く喜び”〝生きる幸せ”を本当に実感できる組織づくりに貢献するという想いを込めています。

ビジネスコンサルタント(BCon)とは
company
Norton/Pマーク
ページの上部へ