サステイナビリティ 〜持続可能な社会を目指して〜

サステイナビリティとは?

「持続可能性」を意味する言葉で、環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にする取り組みのことを指します。
昨今は、企業が事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てていくことが求められています。1987年国連に設置されたブルントラント委員会(環境と開発に関する世界委員会)が発表した「地球の未来を守るために(Our Common Future)」の中で使われたのがはじまりです。

漏斗の壁を駆け抜ける サステイナブル経営

化石燃料に代表される資源の過剰使用、森林破壊などにより自然資源は減少の一途をたどっています。一方、人口増加により資源需要が爆発的に増えることが予想されます。今からサステイナビリティに対処しなければ、いずれ漏斗の壁に衝突して、企業の永続も不可能になります。

今後競争優位を獲得するためには、自社が業界に先立ちこの漏斗の壁を駆け抜ける方法をデザインすることが必要です。業界の新たな競争基準(デファクト・スタンダード)をつくり、ゲーム・チェンジすることです。ゲーム・チェンジする側に回ることが漏斗の狭まった壁を駆け抜ける条件といえます。サステイナビリティへの対応はまさに“攻めの戦略”と言えます。

BConがサステイナブル経営に着目する理由

サステイナビリティを軸にした経営は、私達を取り巻く環境や社会の課題が取り返しがつかなくなってから対処するのではなく、積極的に取り組み、貢献していこうじゃないかという考え方に立つものです。また先手をうって取り組むことでビジネスの優位性を構築しよう!という考え方です。そういった考え方に私たちは共感しました。

またこの新たな経営手法は、特定の部門での取り組みではなく、全社で外部のステークスホルダーと一緒に取り組む必要があります。サステイナビリティを全社で展開、普及するのに弊社が持つ組織開発のノウハウは大いに役立つと信じています。お客様の経営の道しるべとしてBConは、このサステイナブル経営を世に広め、展開を支援していきたいと考えています。

国際NGO「The Natural Step」とのパートナーシップ

The natural Step

弊社は、持続可能な社会の実現にむけて、世界をリードする国際NGO「The Natural Step( 以下「TNS」)との交流やノウハウ提供を受けてきました。そして2015年TNSのパートナーとなりました。

TNSは、環境・社会・経済の観点から持続可能な未来を実現するためのビジョンや戦略策定を支援するNGOです。世界27カ国(2014年8月時点)にチェーン店をもつイケア社、ヨーロッパ最大の家電メーカ-、エレクトロラックス社などの支援を行ってきました。

今後はThe Natural Stepが展開する科学的コンセンサスに基づくフレームワーク・手法・ツールを活用してお客さま組織の持続可能な成長を支援いたします。

【概要】
団体名:The Natural Step
所在地:スウェーデン、ストックホルム
創設者:カール=ヘンリク・ロベール博士(写真)
代表 :ヨーラン・カールステッド博士
    (The Natural Step International 会長)
設立 :1989年

1989年にカール=ヘンリック・ロベール博士が創設した国際NGO。企業、自治体、コミュニティが環境・社会・経済に関する課題を認識し、持続可能な社会への解決策を見つけることに貢献している。2000年 旭硝子財団ブループラネット賞 受賞(“環境に関するノーベル賞”とも言われる)
カール=ヘンリク・ロベール博士

持続可能な社会の基本原則

持続可能な社会では持続可能な社会を築くためには、まず私たちが生活している生命空間がどのようになっているのか知らなければなりません。地球は、私たちが住む生物圏、そして水圏、大気圏、岩石圏からなります。太陽のエネルギーを原動力とし、自然界のすべてのものが循環しています。
しかし、急速な経済活動の影響により、自然が循環しえなくなっています。私たちが生み出す汚染物は、自動的に地球から消えることはなく、大気や土壌、水質を汚染し、植物に影響を与えます。私たちが大量に採掘する鉱物が再び地殻に安全に蓄積されるには、長い年月がかかります。私たちは分解しにくい有害な化学物質を生み出しています。
私たちの社会は次第に住みにくくなり、経済活動にも影響を及ぼしています。

人間社会と現在の地球生態系を持続可能な方法で維持するためには基本的原則を満たす必要があります。以下の4つの原則は、社会・生態系システムをうまく持続させるための科学的裏付けのある基本条件です。

サステイナブル経営の特長

経営計画策定手法 2つのアプローチ:フォアキャスティングとバックキャスティング

フォアキャスティングとは、現在を起点として起こりうる変化を予測する方法です。従来の延長線上に将来を描く戦略構築手法です。

一方、サステイナブル経営を実現する上で、注目されているのがバックキャスティングです。
バックキャスティングとは将来を検討する際に「持続可能な社会の姿」を想定し、その姿から現在を振り返って今何をすればいいか、目標とロードマップを考える手法です。大きな変革を必要とするときに効果的です。

フォアキャスティング バックキャスティング
アプローチ 過去の情報を使ってトレンドを組みたて、それらを未来に投影して計画を策定する 将来私たちがいたい場所はどこなのか、それがどんなところなのかを知り、決定し、「そこから振り返り」そこに到達するために私たちが今何をすべきなのかを明確にして策定する
特長 私たちが望むもの、必要とするものが、今の延長線上にある時や、私たちが今の物事の進み方に満足している時に非常に有効 私たちが望むもの、必要とするものが現在の延長線上と全く違ったものである時や「イノベーション」「型にはまらない」考え方を必要とするときに非常に有効
適用 緊急の問題解決、発生型の問題解決 “将来の問題が深刻になるのを避けるための解決、機会開発”

バックキャスティングによる戦略策定プロセスの4つのステップ(ABCDステップ)

【Aステップ:共通認識とビジョンの構築】

4つの持続可能性原則、自然のサイクル、ABCDプロセスの方法を理解する。その上で、4つの持続可能性原則に反しないビジョンを策定する。


【Bステップ:現状評価】

サプライチェーン全体の現状を4つの持続可能性原則に照らして分析する。


【Cステップ:ギャップを埋めるアクションのアイディア出し】

サステイナブルビジョン、戦略を実現するためのイノベーティブなアイディアを案出する。


【Dステップ:アクション・プランの優先順位付け】

プランの優先順位づけをする。
(1)そのプランで最終目標に近づくか。
(2)プランに柔軟性はあるか。
(3)経済的に実行可能か。

サステイナブル経営を実現するための4つのポイント

POINT01
計画あるビジョン計画のないビジョンはただの夢です。ビジョンのない計画はただの骨折り仕事です。しかし、計画のあるビジョンは世界を変えることができます。
POINT02
透徹とした信念を持つリーダー育成サステイナビリティが達成できるか?という問いは、そのための技術を持っているか?ということではありません。資金や技術はもうあります。問題なのは十分な数のリーダーがそろうのが間に合うか?ということです。
POINT03
リーダーがリードしていないことが最大の課題私たちが直面している最大の課題とは気候変動・汚染・森林破壊・きれいな地下水の減少・リン酸資源の枯渇・貧困などではありません。持続可能性原則が理解されていない、サステイナビリティが定義されていない。リーダーがリードしていない!ことです。
POINT04
未来から学習する組織の実現サステイナブルビジョンという高い目標を設定し、現実とのギャップから生まれる創造的緊張(クリエイティブ・テンション)の中で、その実現プロセスから学習することが大切である。そのための自己革新組織(自律・創発・協働)の実現が重要です。

サステイナブル経営 成功事例

関連ソリューション

Norton/Pマーク
ページの上部へ