MDCVSの検討推進

MDCVSとは

(M:ミッション、D:ドメイン、C:コアバリュー、V:ビジョン、S:ストラテジー)

mdcvc_01.jpg

MDCVSの重要な意義

  1. 組織運営の「大前提」である
  2. 社員が仕事をするための基本的目的であり、「改善改革へのドライバーになる」
  3. 社員の「誇り・意欲」に影響し、「人の心に火をつける」効果が期待できる

目的

経営や事業の前提となる「MDCVS」を役員・部門長(部長)クラスが対話し、検討することで、共通の認識を醸成します。
また検討を通して、「MDCVS」の実効性を高めます。

内容

検討の枠組みと事例を提供しながら進めていきます。

mdcvs_002.jpg

  MDCVS検討・共有ワークショップ企画

特長

  1. コンサルタントから、「MDCVS」を検討するための枠組みや事例提供を行います
  2. 原則として(1)情報提供 → (2)ディスカッション→ (3) コンサルタントコメント → (4)次回への提示のサイクルを回しながら進めます
  3. 検討するプロセスでは、役員・部門長(部長)間が本音で、多面的な議論が行えるように支援します
  4. 一つ一つの言葉の意味合いの確認を重視して進めることにより、論理性・納得性の高い「MDCVS」の検討を支援します

関連ソリューション

「LEMS(リーディング・エッジ・マネジメント・セミナー) 」(公開講座)

経営革新のためのマネジメントセミナー。自社や自組織で活用できる最先端の「生きた知識・事例」を体系立ててご紹介いたします

中期経営計画策定

戦略上位概念を踏まえた中期経営計画を策定します

教育体系構築

企業戦略に合致し、戦略遂行を支える教育体系策定を指導・支援します

業務改革コンサルテーション

戦略課題の取り組みを目的にして、既存業務の効率化を図ります

Norton/Pマーク
ページの上部へ