業務プロセス革新プログラム

業務プロセスの改善

期待される効果

  1. QCDのレベルアップと、部門間連携強化を図るための業務プロセスの改善と、組織体質の強化を図ります※QCD・・・Quality,Cost,Delivery  を表します

内容

spc_chain_content.GIF

ステップ1

特定製品に関するビジネスプロセスの可視化

ステップ2

当該ビジネスプロセスに関する現状のQCDレベルと、ビジネスプロセス上の問題点の明確化

ステップ3

当該ビジネスプロセスに関して、目標とするQCDレベルの設定

ステップ4

目標とするQCDレベルを達成するための、各部のリザルトメジャーと、インプットメジャーの設定(後工程の要求事項に応えるためのリザルトメジャー設定と、前工程への要求事項であるインプットメジャーの設定)

ステップ5

プロジェクトで設定したリザルトメジャー、インプットメジャーを各部に持ち帰り、各部内で、リザルトメジャーを達成するための部内業務プロセスの改善検討

ステップ6

計画に基づいて各部で業務プロセスの改善実行/実行状況のモニタリング

ステップ7

当該ビジネスプロセスに関する現状のQCDレベルの達成度の把握・評価と各部における業務プロセス改善内容の共有化

関連ソリューション

「LEMS(リーディング・エッジ・マネジメント・セミナー)」(公開講座)

経営革新のためのマネジメントセミナー。自社や自組織で活用できる最先端の「生きた知識・事例」を体系立ててご紹介いたします

「中期経営計画策定」

戦略上位概念を踏まえた中期経営計画を策定します

「ビジネス・プロセス革新エンジニア資格取得支援講座」(公開講座)

効率化が難しい管理・間接部門の業務プロセスを改革・改善するスペシャリストを育成します:社団法人 全日本能率連盟の認定資格

Norton/Pマーク
ページの上部へ