業務改革コンサルテーション

戦略課題の取り組みを目的にして、既存業務の効率化を図ります

戦略課題の取り組みを目的にして、既存業務の効率化を図ります

経営効率の“分子の拡大化”と“分母の効率化”を同時追求します

or_making-efficient.jpg

 

期待される効果

  1. 各部の業務再設計を行うことで、中期や単年度の戦略計画を各機能にブレークダウンして実行を促進します
  2. 全社、事業部門の戦略から期待される各部のミッションが明確になります
  3. 上記に基づいた各部における今後取り組む必要のある戦略的業務(新規業務・強化業務)が設定できます
  4. 各部が取り組んできた既存業務について、部ミッションへの貢献度という観点から、業務の効率化(廃止業務・削減業務)を設定することができます
  5. 上記の取り組みを通じて、各部における業務の生産性向上を図ると共に、創出した戦力(=人員)を全社戦略部門へシフトすることが期待できます

内容

or_contents.jpg

  1. 準備/導入
    • 対象部門の現状調査
    • マスタープラン作りと変革目標設定
    • キックオフ大会
  2. 改革計画
    • 部内の戦略的業務(新規・強化業務)検討会議
    • 部内の効率化業務(廃止・削除業務)検討会議
    • 業務改革に必要な組織文化変換
  3. 実行計画
    • 実行計画の作成
  4. 実行
    • 実行とフォロー
    • 変革目標・指標のモニタリング
  5. 経営幹部・管理者の変革リーダーシップ(教育)
  6. 事務局コンサルテーション

特長

 

1 ミッションアプローチによる業務改革
部門ミッション貢献度で業務を評価します。部門ミッションに貢献度の高い業務は、強化または新規に取り組み、貢献度の低い業務は廃止・削減しますor_feature.jpg
2 業務改革と組織文化変革をセットで実現(既存業務の背景にあるパラダイムをチェンジ)
業務を変えるだけでなく、その背景にあるパラダイム(信念)も併せて変革することで、一層の効果が期待できます
3 経験豊富なコンサルタントによる多面的なサポート
経験豊富なコンサルタントが状況に応じて役割をとり、理論の理解と実践力の啓発をサポートします・モデル・手法の提供
・プロジェクトのファシリテーション(コンテント(業務の中身)ではなく、プロセス (検討の進め      方や動機づけ)の指導
・変革への心理的抵抗を乗り越えるための行動科学の理論と手法の提供
・事務局、経営幹部層への報告
・変革能力の弱い組織には、教育プログラムでサポート

 

実施例

対象者 プロジェクトメンバー
実施ステップ例 実施形式
・会議形式(1か月に数回) 3か月〜12か月

or_schedule.jpg

関連ソリューション

関連ソリューション

「LEMS(リーディング・エッジ・マネジメント・セミナー)」(公開講座)

経営革新のためのマネジメントセミナー。自社や自組織で活用できる最先端の「生きた知識・事例」を体系立ててご紹介いたします

「MDCVSの検討推進」

経営や事業の前提となる「MDCVS(M:ミッション、D:ドメイン、C:コアバリュー、V:ビジョン、S:ストラテジー)」を検討し、実効性を高めます

「業務プロセス革新プログラム」

 

「ビジネス・プロセス革新エンジニア資格取得支援講座」(公開講座)

効率化が難しい管理・間接部門の業務プロセスを改革・改善するスペシャリストを育成します:社団法人 全日本能率連盟の認定資格

Norton/Pマーク
ページの上部へ