VIAワークショップファミリートレーニング

より効果的な職場チームを作るために、VIA診断を使い職場メンバーがもつ強みを特定し、ポジティブな相互作用を起こし、これまでの想定を超えた行動を導きます

期待される効果

  1. 各自が使えば使うほどエネルギッシュになれる徳性の強みを確認、発見します
  2. チームメンバーそれぞれの徳性の強みを生かした協働関係を構築できます

内容

  1. Aware 気づく
    • VIA診断結果から、自分の個性の強みに気づきます
  2. チームづくり
    • チームにおいて、自分たちの強みをどのように使って貢献するか検討します
    • チーム運営の機能や役割という面から、何を補強していくかを話し合います
  3. 管理職層の意識・行動の変容Appresiate 認め、伝える
    • 他者の強みをクローズアップし、それを他者に対してポジティブなフィードバックとして伝えていくことで、いかにポジティブな関係や文化を醸成していくか話し合います

特長

  1. ポジティブな雰囲気の中で、自己の気づきを促していきます
  2. 診断とポジティブ・フィードバックによって、自己理解を深めます
  3. 実際の職場チームメンバーで集まることで、今後の実際的なチーム運営と各自の役割や行動のガイドラインを作成します

実施例

対象者 全階層
実施ステップ例 STEP1.  事前に参加者各自でインターネット経由で診断の実施
STEP2.  研修実施1日

 

スケジュール例

1日目
9:00
オリエンテーション
  • エンゲージメントとは
  • 人間が欲しているものとは
  • 徳性とは
Aware(気付く)
  • 24の徳性
  • VIAと他の診断との違い
  • 特有の強みと状況的強み
  • 360度レビュー
  • 強みの過剰使用と過少使用
13:00
チームづくり
  • チーム一覧作成
  • チーム機能とメンバーの強み
  • 強みを組み合わせる
  • 強みの衝突
Appreciate(認め 伝える)
  • ポジティブの波及
  • ポジティブを定着させる
  • 行動のガイドラインの作成

 

関連ソリューション

「コーチング研修」

職場での集団活動のプロセスに焦点をあて、成果に導く支援者を育成します

「プロジェクト・マネジメント研修」

プロジェクト・タスクフォースの効果性を高めるマネジメントスキルを習得します

Norton/Pマーク
ページの上部へ