組織診断:組織効果性サーベイ

自社が効果的な組織運営になっているか社員の認識を診断します。診断結果をもとに、組織の成果に結びつく改善策を自分たちで考え、実行する組織づくりをサポートします。

こういった課題やご要望にお勧めします

 ・管理職間、またメンバー間で課題認識がバラバラ。認識のずれが何なのか明確にして、取り組むべき施策を検討したい

 ・課題はいろいろとあるが、優先順位づけがうまくできていない

 ・現在の成長戦略の効果性を図りたい

 診断を活用すると、どんなメリットがあるのでしょうか

管理職が普段のコミュニケーションでメンバーが考えていることを理解しているつもりになっていても、認識のずれがあるものです。
社員が自社の現状をどのように認識しているかを共通の観点で、幹部や管理職が理解して変革課題を具体的に討議することでより効果的な変革が可能となります。

 ・診断を活用することで、メンバーが職場をどのように認識しているかを知ることができます

 ・組織を変革する対話の材料として、診断結果を活用することで、取り組むべき課題を明確にします

 ・管理職が売上や目標達成度だけに関心を持つのではなく、その成果を生む過程に大きく影響を与えている職場のメンバーの気持ち、意欲、感じていることに関心をもつことができます

サーベイの基本コンセプトと特長

基本コンセプト

組織効果性サーベイは、ハーバード・ビジネススクールのマイケル・L・タッシュマン教授が開発した組織モデルをベースに弊社が独自に開発したものです。

本診断は以下の考え方を前提としています。

組織活動の計画は、環境に適合するように「戦略」を構築することから始まります。「戦略」が期待するアウトプットつまり、「結果・成果」を産みだすためには戦略を実行するために関わってくる4つの要素「業務」「構造」「人材」「組織文化」の整合性がとれていなければならないという考え方です。

Soshiki_kokasei

組織効果性サーベイの特長

1

組織の8つの要素

組織を効果的に運営する上でおさえるべき以下の8つの重要な観点からみることができます。

8tu no

2

認識の一致とばらつきが一目瞭然

課題に関する認識が一致していること、逆に認識にばらつきがあるところを理解しやすくなっています
質問項目を以下の4つの領域で分類することで、課題の整理がしやすい資料になっています
・領域A 認識が異なる強み
・領域B 認識が共通した強み
・領域C 認識が共通した弱み(着手しやすい課題)
・領域D 認識が異なる弱み(解決しづらい課題)

ASDmatrix

3

成果と相関がある項目が分かりやすい

組織の成果と関連付けられる項目を特定できるため、施策の優先順位づけがしやすい

output_related

組織効果性サーベイの概要

outline

展開ステップ

step_effectiveness

組織効果性サーベイの効果的活用に向け、上記のような展開を推奨しております。ご要望により、今後の展開及び課題改善に向けてのコンサルティングサービスをご提供することもできます。

(1)経営トップ層向けの報告会     →課題形成や戦略ミーティングの実施

(2)部門長向けの報告会        →課題形成や行動計画の策定

(3)管理職層向けのマネジメント研修(サーベイ結果の読み込みと併せて職場変革のノウハウや事例提供など)

(4)管理職による職場ミーティング(サーベイ結果を各部署に持ち帰り、情報共有・課題設定をし、職場変革を図る)

(5)職場メンバーによる職場変革計画の策定

(6)1年~2年後に変革の検証として、再度組織効果性サーベイを実施

■診断のお申込~報告書納品まではおおむね2ヶ月間程度です。詳細のスケジュールはこちらをご覧ください。

関連事例

岡部株式会社様 〜 診断型OD(組織開発)の成功事例 〜

診断を活用して組織開発を展開した事例を掲載しています

関連ソリューション

「LEMS(リーディング・エッジ・マネジメント・セミナー) 」 (公開講座)

経営革新のためのマネジメントセミナー。自社や自組織で活用できる最先端の「生きた知識・事例」を体系立ててご紹介いたします

BConの組織開発

調査・診断を通じて現状把握をし、組織文化のなかに変革を起こす組織開発を行います

Norton/Pマーク
ページの上部へ