目標管理や評価制度の運用モニタリング・改善

人事評価制度は処遇反映に関心がいきがちですが、人材や組織の生産性向上を図るためには「人材育成・マネジメント変革への展開」を強化することが重要です

育成型人事評価制度実践に向けた運用支援

seido_unyo_01.jpg

弊社では、各社の評価制度の運用支援するために、各社の段階に合わせて主に以下4つの運用支援を実施しております。

【第1段階】 (1) 評価者教育  詳細はこちらをご覧下さい。
【第2段階】 (2) 目標のモニタリング
(3) 運用ガイドブック作成
【第3段階】 (4) 評価者ミーティング

 

目標のモニタリング

記入された目標シートを弊社コンサルタントがモニタリング・添削し、目標の記述面での課題や設定の傾向を把握します。運用上の懸念とともに、制度面で変更が必要な点を明確化します。

期待される効果

内容

monitaring_000.jpg

運用ガイドブック作成

実務に基づいた運用ガイドブックを活用することで、評価者・被評価者の制度への理解が深まり、マネジメントや人材育成の実践につながります。

期待される効果

内容例

guidebook00.jpg

評価者ミーティング

評価における課題を踏まえて、人事制度の目的や求める人材像についての認識の共有を図ります。ディスカッションを通して、あるべき評価の姿と評価者の意識を転換します。

期待される効果

内容

meeting.jpg

関連ソリューション

評価者教育

部下育成と動機づけのための実践的トレーニングです

Norton/Pマーク
ページの上部へ