プレゼンテーション研修

聴き手を動かすプレゼンテーションスキル

期待される効果

  1. ビジネス・プレゼンテーションの基本的な考え方とスキルを習得します
  2. 聴き手の問題解決を提案するスキルを習得します
  3. プレゼンターとしての今後の啓発ポイントが明確になります

内容

プレゼンテーション実習

  1. セルフプレゼンテーション
  2. 第一印象交換
  3. 私のプレゼンテーションの課題
  4. 話の組み立て方
  5. ビジュアル表現のポイント
  6. 会社案内のプレゼンテーション

特長

presentation-thumb-500x198-234.jpg

実施例

対象者 一般社員から管理職クラスの方
実施ステップ ステップ 1 事前確認・お打合せ
ステップ 2 実施(2日間)
ご要望に柔軟に対応可能です。ご相談ください

スケジュール例

1日目 2日目
9:00
オリエンテーション
  • 研修のねらいと進め方
  • プレゼンテーションが重要視される背景
  • プレゼンターに必要な能力

 

実習(プレゼンテーション①)

「セルフ・プレゼンテーション」

講義
  • なぜ緊張してしまうのか

 

講義
  • 話の組み立て方(論理構成)
  • 質疑応答のポイント
10:00
11:00
12:00 昼食 昼食
13:00
実習

4つの関所
「第一印象交換」
(first impression)

講義
  • 態度・行動と話し方

 

実習(プレゼンテーション②)

「私のプレゼンテーションの課題」

リフレクション
実習(プレゼンテーション③)

聞き手の問題解決
「会社案内のプレゼンテーション」

  • 論理構成
  • ビジュアル化
  • プレゼンテーション
  • 質疑応答

 

相互アドバイス

 

まとめ
14:00
15:00
16:00
17:00

 

関連ソリューション

「ロジカル・シンキング研修」

問題発見、解決策立案、実施のポイントを学び、論理的・多面的に物事を捉える手法を習得します

「アサーションスキル研修」

相手の気持ちや感情に配慮しながら自分の言いたいことをきちんと相手に伝えるスタイル・スキルを学習します

Norton/Pマーク
ページの上部へ