グローバルリーダー育成

成果を出せる計画的グローバル人材育成

グローバルリーダーに求められるマネジメント

グローバルマネジメントの分野で著名なスティーブン・ラインスミス氏が、グローバルマネージャーが実践すべきマネジメントを以下のように示されています。本プログラムでは以下のモデルをベースにプログラムを展開していきます。

leader_management.jpg

  1. グローバル競争優位を確立する戦略策定と組織構造の構築
    • 外部環境、マーケット環境、競争相手、技術、供給者などについて更に学習し、前後関係や脈絡をつかもうとする姿勢
    • 相対立する二つの考え方でも同時に容認しようと努め、機能別、地域別、事業別の互いにぶつかる要求の中にいて、優先順位よりもバランスを取ろうとする。いわば、矛盾と共に生きる姿勢
  2. 戦略を遂行していくための柔軟な組織文化の醸成
    • 戦略方針と一貫性があることを常に確認し、構造よりも機能横断的プロセスに重点を置き、関わろうとする姿勢
    • 変化の流れに乗り、驚きや曖昧さ、変化を快く受け入れ、良い機会としてとらえる姿勢
  3. ダイバーシティの中で成果を出すグローバルタレントの育成
    • 挑戦せねばならない多数のことを理解し、独力でうまくやれるとは考えず、チームワークと相互依存が不可欠と考え、働く姿勢
    • さまざまな人々に対する感受性と柔軟性を持ち、予期せぬ出来事を避けるのではなく、オープンに驚きを受け止め、学習し続ける姿勢

期待される効果

  1. グローバルマネジャーが実践するべきマネジメントを理解できます
  2. 学習した内容をアウトプット(グローバル戦略への提言など)することで、実践へつなげていきます

内容

下記7つの観点について学習します

  1. グローバルマインドセット
  2. 戦略的思考を高めます
  3. 組織構造を設計します
  4. 戦略と組織文化の整合性を取ります
  5. 変革をマネジメントします
  6. 多文化チームをリードします
  7. 学習します(仮説を検証し、軌道修正します)

本プログラムは実践・定着化を促すため約6〜18ヶ月間で展開していきます。また、プログラムはeラーニング・集合研修・他流試合・ディスタンス(メール)コーチングを組み合わせて展開することができます。

特長

  1. 本来自分の持っている価値観や先入観(=メンタルモデル) の変容を促すために、フィードバック(指摘)とリフレクション(振り返り)を取り入れています。他者から指摘をされ、その指摘を受け入れ(受容)できた時、メンタルモデル(思考の枠組み)が拡大します。
  2. グローバルリーダーを育成するためのトータルソリューションを提供します。研修だけの提供ではなく、赴任後のコーチング、そして本社の関係部門へも適切な意思決定ができるようトータルにご支援します。

leader_feature.jpg

実施例

対象者 海外赴任者(予定者)
実施ステップ例 ステップ1:実施1日間
ステップ2:グローバルマインドセット2日間(オプション)
ステップ3:海外赴任前研修2日間(オプション)

leader_step.jpg

関連ソリューション

「グローバルマインドセット研修」

グローバルマインドセットの確立。グローバルに他者と協働するために、効果的なものの見方、考え方、心的態度の醸成します

「グローバルリベラルアーツ」

グローバルビジネスを展開する上での当該国の環境分析のフレームを学習します

Norton/Pマーク
ページの上部へ