後輩育成:考え方

後輩を育成するに当たっては仕事を教えるのか、話の聴き役になり価値観を伝えるのかによって育成担当者の役割、スキルは異なります。育成担当者は期待される役割を明確に理解した上で、必要なスキル教育を受けることで役割発揮しやすい状況を創ります。

後輩育成とは

後輩の早期育成 育成担当者自身の成長 育成する組織文化の醸成

取り組みを通じて後輩を育成することはもちろん、後輩の指導に当たる上で育成担当者であるリーダー自身の成長を狙います。また、取り組みを継続することで後輩を温かく見守り、育成する文化の醸成につなげます。

育成担当者にどのような役割を主に担ってほしいですか?

map

OJTリーダー育成 メンター育成

OTJリーダー育成 とは
基本的には同じ職場に配属され、後輩が行う仕事の内容を教える育成担当者を教育することを表します。

メンター育成 とは
必ずしも同じ職場に配属されている必要はなく、むしろ他職場から任命する場合が多くあります。自組織の中で後輩の話を聴き、大切にしている価値観そのものや、価値観を表す行動を 伝える育成担当者を教育することを指します。

*OJTリーダーやメンターという名称は一般的に使われている名称の中でイメージしやすい仮称であり、必ずしも命名する必要はありません。他に「エルダー」「ブラザー/シスター」などがよく使われています

育成担当者には、何年目くらいの人材を選抜するのが適当でしょうか?

組織により2~3年目の社員に任命することもあれば、10年目の人材を抜擢しているところもあり、組織によって一人前になる年数や文化などで大きく違いが出ているようです。

業種業界に関わらない傾向としては、5~6年目の中堅の人材を任命することが多いようです。

後輩育成担当者には、OJTリーダーとメンターの役割をどちらも期待するのですが、両方に応えるプログラムはありますか?

はい。BConはすべてのプログラムがカスタマイズ可能ですので、貴社の状況をお伺いした上で、貴社オリジナルの教育プログラムをご提案させていただきます。 

関連ソリューション

「後輩育成_OJTリーダー育成プログラム」

多くの組織で悩んでいる新入社員や若手社員の指導。指導する先輩・管理職が悩む課題を取り上げ、実践的な指導方法を学びます

「後輩育成_メンター育成プログラム」

メンターとして、相手の話を引き出し、共感しながら聴くスキルと会社の価値観を状況に合わせて伝えるスキルを習得します

「新入社員早期戦略化(新入社員/フォロー研修・後輩育成基礎研修)」(公開講座)

新入社員に求められる考え方・行動の実践的学習をします。入社時教育から、フォローまで新入社員の成長に合わせたプログラムを実施します。

Norton/Pマーク
ページの上部へ