イノベイティブ・シンキング・システム プログラム

新しい仕事の進め方、改善策を生み出すための革新的思考を啓発します

期待される効果

  1. 思考を妨げる箍(たが)に気づくことで、革新的思考を促進できます
  2. 革新的思考発揮のために各種技法を習得します
  3. 創造的なチーム運営のためのリーダーシップが啓発されます
  4. 革新的思考発揮のための自己の啓発課題を明確にすることができます

内容

  1. アイディアの案出技法  セブン・テクニック
  2. アイディアの収束技法  セブン・スクリーン  セブン・ブラッシュ
  3. アイディアの実践技法  セブン・マップ

特長

革新的思考(創造性)は特殊な能力ではありません。学習により身につき磨くことができます
its_tokucho.jpg

 

実施例

対象者 一般職から管理職クラスの方
実施ステップ ステップ1 事前確認・お打ち合せ
ステップ2 実施 (4日間)

 

スケジュール例

1日目 2日目 3日目 4日目
9:00
12:00
オリエンテーション

 

創造性について

 

テクニックB
・常識を壊す
講義
  • 思考のタガ
テクニックR
・逆転してみる
テクニックJ
・強制的に特徴やイメージを結びつける
スクリーニング
ブラッシュ法

 

ブラッシュ会議
昼食 (45分)
13:00
17:00
テクニックD F
・空想をしてみる
・欠点を取り出す
テクニックO
・大げさに拡大・縮小してみる
リフレクション記入・宿題
テクニックA
・可能性を探るために多くの選択を追加する

 

リアルテーマ

 

新製品のアイディア(3~5年先)
スクリーニング
(続き)
プレゼンテーション

 

研修振り返りⅠ

 

関連ソリューション

「I-Lead Skill (アイ・リード/スキル)プログラム」

職場でアイディアを持続的に創出するために必要な、職場で使えるスキルの体験、理解をします

「I-Lab (アイ・ラボ)プログラム」

自分の中にある創造性を実感し、グループで創造的になる体験と自信の醸成をします

「ITS(イノベイティブ・シンキング・システム)」(公開講座)

革新=創造性+実践を主題とした、メンタルモデル・固定概念を破る発散と収束の7つのテクニックを習得します

「TIMeS (イノベーション・ミーティング・ソリューション)」

革新的な組織文化は、持続的革新を起こし続けることから作り上げられます

雑誌掲載紹介(「地方自治職員研修」2014年8月号より)

雑誌「地方自治職員研修」2014年8月号で、政策課題のアイディア発散・収束に弊社プログラム「イノベイティブ・シンキング システム(ITS)」の手法を活用した事例が紹介されました

chihojitishokuinkennsyu_001.png記事詳細の閲覧は こちら から(印刷不可)

雑誌名     :地方自治職員研修 2014年8月号
出版社名  :株式会社 公職研    ※株式会社公職研の許可を得て掲載。無断転載・複製を禁じます。

Norton/Pマーク
ページの上部へ