コラボレイティブ・リーダーシップ研修

協働体制づくりが生産性を向上させる

期待される効果

  1. 信頼感の強い協働関係を構築するスキルを習得します
  2. 対立によるコスト(お金、時間、創造性)を削減することができます
  3. 困難な関係を、建設的な関係に変えることができます

内容

  1. リアルな職場メンバーで実施する事で、今後の協働体制を明確にします
  2. コラボレーションとは相乗効果を生み出し、成果を上げることだと気づきます
  3. よりよいコラボレーションを生むために、周囲との接し方を改善します。 「協働」を規制する自分の思考や態度上の課題が明確になります
  4. 「協働」に必要なコミュニケーションやリーダーシップなど、具体的行動を理解します

コラボレーション 5つのスキル

collabo_content.JPG

特長

collabo_tokucho.JPG

実施例

対象者 職場単位または管理職クラスの方
実施ステップ ステップ 1 事前確認・お打合せ
ステップ 2 実施(2日間)

ご要望に柔軟に対応可能です。ご相談ください

スケジュール例

1日目 2日目
9:00
オリエンテーション

 

実習「コラボレーションのケース①」
  • 思考態度を理解する

 

実習の振り返りと講義
  • 協働的な環境を作るためのアプローチ
講義「相互利益に基づく問題解決」

 

実習「コラボレーションのケース②」
  • 交渉
  • 振り返り

 

実習「レッドゾーン、グリーンゾーン」
10:00
11:00
12:00 昼食 昼食
13:00
講義

「効果的な関係をつくる5つのアプローチ」
講義・実習「相互理解」「防衛について」
実習「葛藤のライフライン」
診断「エレメントB」
個人の行動特性の理解

まとめ・リフレクション
全体の振り返り

「後輩指導の場面」
職場適応計画「リアルケース」

  • ロールプレイング

1人目
2人目
3人目

まとめ・リフレクション
14:00
15:00
16:00
17:00

 

関連ソリューション

アサーションスキル研修

相手の気持ちや感情に配慮しながら自分の言いたいことをきちんと相手に伝えるスタイル・スキルを学習します

Norton/Pマーク
ページの上部へ