『ヒューマン・エレメント・アプローチ』刊行

  ヒューマン・エレメント・アプローチ  

書籍紹介(ヒューマン・エレメント・アプローチ:個人編)

組織における問題の8割は、対人関係が原因となっています。仕事を妨害する一番大きな要因は自分自身であり、行動を顧みて、その対人行動の何が正しいか、何が誤っているかを考えることで、問題の80%は改善できるということです。 しかし、実際にどのように行動すればよいのか、というのはなかなか難しいものです。そこで本書では、「重要感」「有能感」「好感」の3つに分け、それぞれがどのような意味を持つのか、どのような効果をもたらすのか、どのように理解していけばいいのかを解説します。仕事に必要な「正しい自尊心(セルフエスティーム)」を持つことは、あなた自身だけでなく、組織にも良い影響を与えます。このセルフエスティームを確立する方法を分かりやすくお教えします。

ヒューマン・エレメント・アプローチ:個人編

購入はこちら※Amazonにリンクします。  

書籍紹介(ヒューマン・エレメント・アプローチ:組織編)

組織を運営していく上で、もっとも大切なのは、「人間に対して働きかける」ということです。そしてこれは、とりもなおさず、「組織」に働きかけることにもなります。 チームワークに関する研究結果にはさまざまなものがありますが、会社という組織上、チームを組んで仕事をすることは不可欠です。そこでここでは、「どのようにすれば個人の業績を伸ばせるか」「チームの業績はどのように上げられるか」「リーダーシップの本当の意味とは何か」をお教えします。 よりよい組織を作るために必要な、「自律」「創発」「協働」。この3つを高めるために、どのようにして人間に働きかけるのがベストか、どのようにして課題点を解決していくかを本書によって明らかにします。

ヒューマン・エレメント・アプローチ:組織編

購入はこちら※Amazonにリンクします。  

関連ソリューション

セルフエスティーム -Self Esteem- とは

セルフエスティームの概念や研修プログラム例を掲載しています

「HEP(ヒューマン・エレメント プログラム)」(公開講座)

自分の行動・感情・こだわりの特徴を理解し、より効果的な対人関係の形成を習得します

「HEPライセンス取得講座」(公開講座)

自己概念を変革・拡大するHEPのコンセプトを理解し、研修講師として実施するために必要な知識とスキルを習得します

「ISI エグゼクティブ人間力向上プログラム」(公開講座)

経営者に求められる「社会的知性(SI)」「情緒的知性(EI)」を高め、人間力向上をめざします

 

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ