「Good Business Good People」情報提供サイトを立ち上げました

 

Good business good people

現在、地球規模で起きている問題を考えてみるとあまりにも沢山のことがあるので、これまでの経験だけでは、 どのように対処していいのか分かりません。また、それが分かったとしても途方もなく大きな挑戦になるので自分たちでは対処できないことだと感じてしまいます。そして、現在進行している問題はさもなかったように振る舞い、今の目の前の仕事での成功だけを見つけようとする行動をし続けるのです。

 

一方、国境に関係なく、今までにないスピードで人・モノ・金・情報が流通しているグローバル化された世界では、まるで神経ネットワークのように全てがつながって複雑に影響しあっています。もちろん、地球環境変化の影響はグローバルに波及します。


その上、世界で基本的な人間のニーズが満たされていない社会があると、その影響も経済的/社会的に私たちに影響していきます。地球はすでに1つの共同体なのです。ですから、暗闇の中で携帯電話の明かりを頼りに 落としてしまった鍵を探すように、視野を狭めて答えを見つけるようなことをしていては、その影響関係に気付くことができないまま、大事な変化を見逃してしまうでしょう。これでは近い将来、突然後ろから頭を殴られたと感じるような、衝撃の事態に直面してしまうことになりかねません。

これからの日本の組織は、自分たちの持っている素晴らしいテクノロジーやサービスを何に/誰に(WHAT)どうやって(HOW)いかすか、その理由(WHY)を考え直すことでイノベーションを起こすタイミングに来ています。日本の組織がよい影響を与える仕事(Good Business)をして世界をリードしていく存在(Good People)になっていくことを一緒にめざしたいと私たちは願っています。

 そこで、私たちは組織が複雑な世の中に対して、効果的に取り組みをするために知っておくべき3つの領域を統合して情報提供をしていきます。
 

1つは、複雑な社会のメカニズムを捉える視点が欠かせません。
複雑に絡み合った世の中のシステムを理解するには、医師が人間ドックで検査するように、全体が機能するメカニズムを科学的に知る必要があります。これをシンプルなルールに基づいて捉えられるフレームワークを作った国際NGOThe Natural Step(TNS)とコラボレーションして提供していきます。

 

 2つ目は、BConが実践してきた組織開発の領域からは、変革を進めるうえでのリーダーシップや、組織内外のコラボレーションが必要な時に必ず起こる摩擦や軋轢に対して効果的に介入するノウハウをご紹介します。
 

そして、人と組織の底力を活用する方法論を扱っている研究分野のPositive Organization Scholarship(POS)やPositive Psychologyの知見や実践例をご紹介します。人間にしか備わっていない感情や徳性も1つの資源として考え、それを活用することで、大胆でかっこいい挑戦目標に立ち向かえる勇気と希望を人と組織に育みます。
 

3つ目は、Good Businessには欠かせないイノベーションの分野です。
現在と未来のステークホルダーおよび社会の仕組みの全体像や様々な影響関係を考えた上で、それぞれのニーズに対して提供する価値を考えます。それを提供す るための大胆でかっこいい目標を掲げて、それを達成させようと考えた時に初めてイノベーションのアイディアが生まれます。これを実現するには、組織の壁を 越えた協働が必要で、そのために躊躇せずに新しいアイディアを表明することや、素早くプロトタイプを作ってみることなど人間的側面・方法論的側面の2つの側面からのアプローチをご紹介します。

 

このサイトの提供する情報が Good Business Good People を実践していくための羅針盤になれば幸いです

logo_35.pngSNS アカウントも開設しました。こちらもぜひご覧ください
Facebook | Twitter  |  Google+
logo_35.pngSNS アカウントも開設しました。こちらもぜひご覧ください
Facebook | Twitter  |  Google+
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ