セミナーレポート「人を活かし、組織を動かす管理職育成」

2016年11月8日(大阪)・9日(東京)、 「人を活かし、組織を動かす管理職育成」無料セミナーを開催し、100名を超える方にご参加いただきました。

本セミナーを企画した背景

企業を取り巻く環境変化が激しい昨今において、年度の計画をたてた時と半年後の状況が変化していることは珍しくありません。
このような中、 管理職の期待されることが変わってきていると考えます。


「今までのやり方でうまくいかない」と感じながらも、何をどう変えればよいのか迷っている管理職の方も多いのではないでしょうか。また悩みを抱える管理職をサポートしようと頭をひねっている人材開発の方も多いとお聞きします。

そこで今回、「人を活かして、組織を動かす」管理職育成のヒントを得て頂くための機会として本セミナーを企画しました。

 

本セミナーの参加者にセミナー終了後アンケートをとらせていただいところ、情報提供させて頂いた中で「ポジティブ・エナジャイザーの活用」に関して、多くの参加者に興味を持っていただきましたので、ご案内したいと思います。

人を活かし、組織を動かす「ポジティブ・エナジャイザー」の活用

管理職に求められるのは、目の前の業務・課題の追求だけではなく、職場のメンバーが個々人の能力を発揮するための土台をつくることです。 そのためには、組織内の人と人との関係性を強め、互いに高めあうことができる関係づくりが大切で、その鍵となるのが「ポジティブ・エナジャイザー」です。 「ポジティブ・エナジャイザー」とは、人と人との関わりの中で、ポジティブなエネルギーを生み出す存在です。私たちは、管理職が「ポジティブ・エナジャイザー」としての役割を果たすことで、組織を動かす原動力になると考えています。 あなたの組織の管理職は、ポジティブ・エナジャイザーですか?それとも他者のやる気を削ぐエナジー・ヴァンパイアですか?

 

本セミナーでメッセージした内容

本無料セミナーではポジティブ・エネルギーの効果・効用や、ポジティブ・アプローチで現状認識することの重要性などについてご紹介しました。様々な組織事例を交えて下記をメッセージしています。

ご紹介した内容

    1.5つの経営資本の最大化と管理職の役割        5.組織開発への展開

    2.現代の管理職の悩みごと                6.ポジティブ・リーダーシップ・プログラム

    3.ポジティブ・エネルギーの効果             7.  質疑応答

    4.ポジティブ・エナジャイザーの活用

 

参加されたお客さまのお声(一部抜粋)

追加開催のご案内

ご好評につき、追加開催をいたします。

名古屋 11月21日(月) 9:30~11:30
大阪 11月30日(水) 15:00~17:00
東京 12月1日(木) 15:00~17:00

お申込みは、下記よりお申し込みください。

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは以下までお願いいたします
マーケティンググループ Tel:03-3287-3421e-mail:crm@bcon.co.jp

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ