(終了)『労働組合対象ポジティブ心理学研究会』を開催いたします

positivepsychology_01.jpg最近、日本の労働界におかれましても、ワーク・ライフ・バランスの充実(進展)、働きがいのある職場づくり(ディーセント・ワークの実現)、メンタルヘルスケア(マネジメント)の充実が言われ続けておりますが、業種や業態の取組み姿勢及び各企業の労使関係により、企業別に大きな差が表れているのが実情といえます。

これらの重要な政策課題の解決手段として、近年ポジティブ心理学の活用が着目されており、弊社にも多くの相談が寄せられています。 個人及び組織の生産性の向上、幸福感、繁栄をめざすポジティブ心理学が登場して15年経ちます。「経済的な豊かさと幸福感は必ずしも一致しない」という調査結果も出ています。

そこでこの度、日本のみならず先進国で大変意識が高まっているポジティブ心理学の基礎理論と労働組合組織への適応を講義と実習により研究を深める機会を設けました。今回は「フロー理論」で著名なM.チクセントミハイ博士の来日による 特別セミナー受講 の席を用意しております。万障お繰り合わせの上ご参加をお持ちしております。

img-001.jpg特別セミナー講師: M.チクセントミハイ博士(Mihaly Csikszentmihalyi, Ph.D.)
1934年イタリアで生まれる。1956年にアメリカに渡り、1970年よりシカゴ大学心理学科教授、教育学教授を経て1990年よりクレアモント大学院大学教授、クオリティ・オブ・ライフ・リサーチセンター長を務める。
「フロー理論」の提唱者として知られており、創造性や幸福に関する研究を行っています。
現在アメリカでもっとも注目される心理学者。

以下課題でお困りではありませんか?

□ 職場に停滞感、諦め感、閉塞感が感じられる。イキイキとした元気のある職場に何とかできないものか

□ メンタルヘルスがなかなかうまくいかない
  最近若手でメンタルでダウンする人、離職者が増えた。若手社員に活力を与えたい

□ 欠点ばかりを指摘する人、否定的な発言をする人が多い
    部下に言い過ぎるリーダー、上司が多い。パワハラ気味な職場を何とか変えたい

□ ディーセント・ワークの実現に向け、取り組むべき事柄を考え直したい

□ 働き方改革を如何になすべきか、経営提言したいが具体案を検討したい

□ 組合員の自律・成長とエンゲージメントを高める施策を構築したい

□ 組合幹部としてリーダーシップを確立したい。労働組合の組織力を高めたい

□ 自分の強みをうまく活用したい

□ 産別にとらわれないネットワークを構築したい

プログラム・お申し込み

※参加費:2名様1組 ¥86,400-(労使でご参加も可能です。お1人様追加につき、¥43,200-を申し受けます

回数 日時 内容 お申し込み
第1回 11月7日(金)
15:00〜17:00
オリエンテーション | ポジティブ心理学とは |
実践のポイント
終了しました
第2回 11月12日(水)
15:00〜17:00
ワークエンゲージメント「VIA(Value in action)」
第3回 11月22日(土)
15:00〜17:00
レジリエンス(回復力/復元力)
第4回 11月28日(金)
12:30〜16:30
特別セミナー「フロー理論」 M.チクセントミハイ博士
第5回 12月2日(火)
15:00〜17:00
組織適応を考える | 個別相談

第1回 | 第2回 | 第3回 | 第5回 
会場:株式会社ビジネスコンサルタント 本社セミナールーム 千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー18F
JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分  

第4回
会場:ベルサール汐留(東京・汐留)

講座の進め方

第1回〜第3回及び第5回は、各概論講義の後、参加者同士による体験ワークショップ(演習及びミニ実習)があります。第4回は特別セミナー受講として、他受講者とともに講義受講と質疑応答になります。

お問い合わせ

セミナーお申し込みの追加・変更・キャンセルは、下記セミナー事務局までご連絡ください。

株式会社ビジネスコンサルタント セミナー事務局
Fax   : 03-5224-8251
e-maill:info_union@bcon.jp

関連ソリューション

「VIAプログラム」

個性の強みを知り、社員のエンゲージメント(充足感)を高めます

「VIAプログラム」

「VIAキャリアプログラム」

「何の仕事をするか」といったキャリアを描くのではなく、 VIA診断により、1人1人違う個人の強みを特定し、「今の仕事自体」に夢中になって取り組める方法を探求します

「VIAワークショップファミリートレーニング」

より効果的な職場チームを作るために、VIA診断を使い職場メンバーがもつ強みを特定し、ポジティブな相互作用を起こし、これまでの想定を超えた行動を導きます

「ポジティブ・アプローチ」

織や人の強みや価値に焦点をあて、その強みを連携させ、ポジティブ・スパイラルを起こしていくアプローチです。無難な目標を達成させることではなく、主体的により高い成果に向けた具体化された行動を導きます。

update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ