2015年4月発行 営業通信Vol.36 「トレンドキーワードは? 女性活躍推進/持続可能性/働き方改革 」


——————————————–2015.04.15—-
■□■                    ■□■
☆ 2014年度のトレンド・キーワードは? ☆
   女性活躍推進/持続可能性/働き方改革
■□■                     ■□■
–BCon営業通信 4月号————————————-

いよいよ新年度がスタートしました。弊社では34名の新入社員が
仲間入りしました。エネルギーがあふれながらも、緊張した面持ち
の新入社員を見ると自分が入社した頃を思い出して、気持ちが引
き締まります。

新年度も皆様のご関心やご期待に沿える情報発信をしていきたい
と思いますので、よろしくお願いいたします。

今月の営業通信は、2部構成でお送りします。
第1部 2014年度 メールマガジン:営業通信 反響ランキング
第2部 お問い合わせテーマのランキングと背景から読むトレンド
キーワード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1部 ■□ 2014年度 メールマガジン:営業通信 反響ランキング □■

  第1位 2014年度新入社員アンケート調査結果
  http://www.bcon.jp/mailmagazine/2014-05-12-12-00/

  第2位 失敗の類型から考える女性管理職育成
   http://www.bcon.jp/mailmagazine/2014-08-22-13-45/

  第3位:成長と持続可能性(サステナビリティ)の両立
      競争優位を確立する、攻めの経営とイノベーション
     http://www.bcon.jp/mailmagazine/2015-01-20-09-58/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第1位】 2014年度新入社員アンケート調査結果

昨年最も反響が大きかった、新入社員アンケート調査は弊社独自の
もので2011年からスタートし、今年で5年目を迎えます。

毎年4000名以上の新入社員の方に回答頂いており、昨年度は129組
織にご協力を頂きました。調査結果は、育成支援および職場側の理
解促進やOJTに活用頂いています。

2015年度の調査結果は、来月号の営業通信でご報告を予定していま
すので是非ご覧下さい。
————————————————————
【第2位】 女性活躍推進
    ~にーまるさんまる(2030)の推進に向けて~
      失敗の類型から考える女性管理職育成
 
http://www.bcon.jp/mailmagazine/2014-08-22-13-45/
————————————————————
「女性活躍推進」のテーマで配信した内容は、これまでの女性活躍
推進の取組みの失敗例を類型化してご紹介しました。

女性の意識変革やスキル向上で終わらせない取組みの重要性に共感
を持って頂いたのではないかと思います。

弊社では、組織の成長戦略としての女性活躍推進を支援するために
組織風土変革、人事制度の見直し、管理職の意識変革、女性リーダー
育成など、各組織の状況や課題に合わせたお手伝いをしています。

お手伝いの一部はウェブサイトでご紹介しています。

■管理職を対象にした、女性従業員のキャリアサポートプログラム
http://www.bcon.jp/service/HRD/diversity/diversity_career_support/

■女性リーダー育成プログラム
http://www.bcon.jp/service/hr/diversity_womenleader/

■女性管理職育成実践プログラム
http://www.bcon.jp/service/HRD/diversity/diversity_manager_w/

————————————————————
【第3位】 持続可能性(サステナビリティ)戦略
    成長と持続可能性の両立
    競争優位を確立する、攻めの経営とイノベーション
http://www.bcon.jp/mailmagazine/2015-01-20-09-58/
————————————————————
新たな成長戦略として注目されている、持続可能性戦略。

弊社は、持続可能性戦略の構築と実践で多くの成功事例を持つ、
国際NGO:The Natural Step(TNS)と今年2月に提携し、
新たな戦略構築手法をご提供できるようになりました。

そして3月にはTNSの創設者をはじめ、3名の専門家と実務家を招聘
し、大阪・名古屋・東京でWin-Seminarを開催しました。お陰様で
合計425名のお客様にお越しいただきました。

持続可能性戦略を展開する一助として、以下をご用意しています。

■持続可能性戦略を構築手法を学習する公開講座 4月・11月開催
 http://www.bcon.jp/course/bss/

■サステナブル最前線を体験する北欧ツアー(テクニカル・ビジット) 6月開催
 http://www.bcon.jp/course/technical_visit/

また持続可能性戦略の成功事例はこちらからご覧下さい。

(1)北欧No.1のハンバーガーショップに学んだサステナビリティの真髄
 http://goodbusiness.jp/sustainbility-sweden2/

(2)環境への負荷ゼロを目指すタイルカーペット世界一 インターフェイス社のサステナビリティ戦略【1】
 http://goodbusiness.jp/interface-japan-sustainability-case-study-1/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第2部 ■□ お問い合わせ背景から浮かび上がるキーワード □■
  
            「働き方改革」の必要性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここからは、2014年度に頂いたお問い合せテーマをご紹介します。
データを集計してみると、以下のテーマが上位にランクインしま
した。

■お問い合わせテーマランキング
1位 eラーニング
  http://www.bcon.jp/elearning/

2位 レジリエンス(逆境にあっても乗り越え、成長する力) 
  http://www.bcon.jp/service/positive/indivisual/sbrp/

3位 新任マネジャー向けの教育 
  http://www.bcon.jp/course/bmp/

上記3つのテーマは、一見すると関連性がなさそうですが、背景に
は一つの共通した課題が見えてきました。

その課題とは「働き方改革」です。
人材や雇用形態の多様化が進み、またワークライフバランスが求め
られる中で、これまでと同じやり方が通用しなくなってきています。
仕事の仕方や働き方、そしてマネジメントを見直さないと今以上の
成果をあげることが難しくなっています。そのことが上記のお問い
合わせの背景にあると推察されます。

例えば以下のようなご要望を頂いています。

集合研修をeラーニングに -いつでもどこでも、各人に合わせて-
  
  本社で日本語で実施していたビジネススキルの集合研修を多言
  語対応のeラーニングに置き換えて、多くの社員が自分の都合の
  良い時間に必要なテーマを選んで受講することができるようにし
  たい。

ものごとの捉え方を変えて、逆境や変化に対応できる人材を育成
したい
  
   経験したことがない難しい状況でもチャレンジし、成長できる
   人材を育てたい。
       環境変化を脅威と捉えるのではなく、自分の枠組みを広げる機
       会と思って取り組める土台を若手に持ってほしい。

マネジメントを変えて、職場の生産性をあげたい
  
  これまでは社員の時間管理が甘く、長時間労働が当たり前になっ
  ていたが、社員の健康面や生産性、社会的要請の観点から働き
  方を見直す必要が出てきている。管理職の意識を変え、マネジ
  メントの仕方を変える取組みをしたい。

弊社では、様々な働き方改革のお手伝いをしています。業務改革や
組織風土変革から管理職のマネジメント変革研修まで組織の状況に
応じてご案内します。
関心のある方は、弊社担当営業もしくは本メールへの返信でお問い
合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールマガジンの第三者への転送や無断引用、Webサイトなどへの再
掲載はお断りいたします。
 

back number
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ