2013年9月発行 BCon Info9月号 「コーヒーとお菓子」で高まる仕事力

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/ 9/26━━┓
    ◆ 「コーヒーとお菓子」で高まる仕事力 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━ BCon Information━┛

今月、仕事でスウェーデンに行く機会がありました。
沢山のビジネス関係の方や大学の教授、NGO団体の方々とミーティングをしまし
たが、その中でとても印象的だったのは、「Fika(フィカ)」という習慣です。
「美味しいコーヒーを飲みながらお菓子を食べながら、一緒に話をしよう!」と
いう時間を表現する言葉だそうです。
日本では「おやつの時間」に近いイメージかもしれませんが、“人と一緒に話を
しよう!”ということまで含まれているところに違いがあるように感じました。

ミーティングの際には、必ずコーヒーポット、甘いおやつやフルーツが机に並ん
でおり、イノベーションを研究している大学や実務家の方々のミーティングルー
ムではスペースの“中央”にキッチンや冷蔵庫、コーヒーメーカー等を置いた
Fikaスペースが設けてあります。
そのほうが人と人との関係が深まり、イノベーションが生まれやすいという研究
結果をもとに設計しているそうです。

コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながらのミーティングは、初対面の緊張感
を和らげ、もっとこの場で、この人たちと一緒に居たいという気分になりました。

今回は、個人・職場で仕事の生産性を高める簡単な方法をご紹介したいと思いま
す。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◆ ポジティブ脳は意外と簡単につくられる ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「前向きで、将来に希望を持ちながら仕事をする人は生産性が高い」ということ
が近年のポジティブ心理学の研究で解明されてきました。
何でも無理やりにポジティブに考えるようにすることではなく、適度にポジティ
ブな状態を保つことが生産性を高めるというのです。

例えば、ポジティブな状態にした医師と、そうではない医師の診察結果の違いを
みる実験があります。
診察前にポジティブな感情になった医師は3倍も正しく、より短い時間で診察が
できるといったものです。
ポジティブな感情が医師の視野を広げ、創造的な仕事に繋がったというのです。

とはいえ、簡単には仕事中にポジティブな気分になれないよ・・・と思ってしま
うかもしれません。

では、この実験では、医師をポジティブな感情状態にするために、何をしたのだ
と思いますか?実はたった1個の飴玉を渡しただけなのです。

たったこれだけの事がパフォーマンスに変化を起こせるのです!
これは驚きの事実です。

つまり、スウェーデンでのFikaはとても合理的な方法で、人のパフォーマンスを
高める仕組みだったのです。
とはいえ、職場でいつも部下に飴玉をあげていたら飽きられてしまいますね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◆ 日常生活の工夫で高められる生産性 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

先ほどの飴玉の他にも、より実践的に日常の習慣を変えることで、ポジティブな
状態を作り出し、結果としてパフォーマンスを高めることができる方法がありま
す。

その1つが、「3つの良いことに注目する」というものです。
人間はどうしてもネガティブな事に注目する傾向があるので、バランスを取るた
めに、毎晩寝る前に“今日起こった3つの良いこと”を日記のように記録するの
です。
そうすることで、明らかに仕事や家庭におけるパフォーマンスが変わってくると
同時に身体が健康になることが証明されています。
是非、試してみてください。

このメールマガジンではポジティブ心理学の知見の詳細やお奨めの習慣など全て
はご紹介しきれません。
そこでBConは、ハーバード大学で一番人気だったポジティブ心理学の講師である
タル・ベン・シャハー氏を日本にお招きし、職場の生産性を高めるための勉強会
を開催することにしました。

最新の研究結果やすぐに実践に取り入れられるポイントをご紹介する予定です。
ご興味がある方はお早めにお申込みください。

—————–  【開催概要】  —————–
    ~ 働く喜び/充実した人生の実現 ~
   職場の生産性を向上させるポジティブ心理学

【大阪開催】2013年11月29日(金) グランフロント大阪
【東京開催】2013年12月 3日(火) ベルサール半蔵門

【開催時間】12:30~16:30 (両日程とも)
【 費 用 】31,500円(税込)

 

back number
update history
Norton/Pマーク
ページの上部へ