ポジティブ心理学


ポジティブ心理学に関心が高まり始めた背景

‘92年バブル崩壊後20年以上、日本企業は非常に厳しいビジネス環境にさらされ、その中で企業は生き残りをかけて、徹底した効率化、M&A、リストラクチャリングの実施、成果主義人事制度への変更、派遣社員化の推進、グローバル化の推進のように、さまざまな手を打ってきました。 一方、現場サイドでは、人が増える事はなく、一人あたりの仕事と責任は拡大する一方で、KPI(業績指標)で追いつめられる毎日という実態です。そして、グローバル化推進にともない今まで顔も見たことがないような多様な価値観を持った人々と協働しなければならないということも珍しくなくなりました。このような仕事の環境だけでなく、3.11の東日本大震災を契機として、人の命や人生そのものを問うような風潮が起こり、就業や仕事に関する考え方が大きく変化していく予兆がうかがえます。 このような中で、マネジメントの世界で話題となっていることは、サステイナブル経営、イノベーション、創発、内発動機というキーワードがありました。

ポジティブ心理学の始まり

ポジティブ心理学は、1998年当時、米国心理学会会長であったペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・E・P・セリグマン博士が「これまで心理学は、病人をいかに正常にするかというマイナスを0にすることばかりしてきました。しかし、もっと人を幸せにする、いわゆる0からプラスへ導いていくためにはどうしたら良いかということを心理学研究はすべきではないか」ということを考え、ポジティブ心理学が始まりました。 ポジティブ心理学の求めようとしていることは、「よりよく生きるために」という目標観を持った学問で、同時にかなり科学的にアプローチをしようとしていました。また、脳科学の発展によって、脳がポジティブな状態では、創造性が増し、生産性が向上するという研究成果も多く発表されてくるようになりました。

VIAとの出会い

ポジティブ心理学の提唱者である、セリグマン博士自身は『幸福(Happiness)』という言葉を使うのを極力ひかえて、『Well being』というキーワードとして使い始めました。この意味は、「よき生き方をする」ということであり、その意図するところは「希望をもって、今日一日に集中して、精一杯生きる」ということです。 VIAは、セリグマン博士と故クリストファー・ピーターソン博士(Dr.Christopher Peterson)の2人が開発したもので、人間が本来持っている個性の強みを発見し、活用するというもので、内発動機を高めるツールとして極めて有効なものです。ポジティブ心理学の中でも大きな研究テーマを占めるもので、今後の可能性も期待できるということもあり、ポジティブ心理学応用プログラムの第一弾として、VIA ワークショップを展開することとなりました。 VIAは、サステイナブル経営やイノベーションを実現していくための中核となる人間のモチベーションや生き甲斐について新しいアプローチをすることが可能となるため非常に魅力的なものといえます。  


関連ソリューション

「レジリエンスとは」

苦境や困難な状況で落ち込んでも跳ね返し、力強く成長する『レジリエンス』を啓発します

「レジリエンス SBRP(ストレングス・ベースド・レジリエンス・プログラム)」 (公開講座)

苦境や困難な状況で落ち込んでも跳ね返し、力強く成長する『レジリエンス』を啓発します

「レジリエンス SBRP(ストレングス・ベースド・レジリエンス・プログラム)」 (講師派遣型)

苦境や困難な状況で落ち込んでも跳ね返し、力強く成長する『レジリエンス』を啓発します

「VIAキャリアプログラム」

「何の仕事をするか」といったキャリアを描くのではなく、 VIA診断により、1人1人違う個人の強みを特定し、「今の仕事自体」に夢中になって取り組める方法を探求します

Norton/Pマーク
ページの上部へ